2021/1/3

ヨ14234⑴  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
1月1日には椿井になった9687です。

発売のコピーに大宮の入換機と謳ってしまいましたが結構本線運用が多かったらしいです。

クリックすると元のサイズで表示します
ヨ4356も写真に撮ってみましたが、白塗り部分の不味さが目立ってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します
これはどなたかから頂いた年賀状です。 どこにも差出人が書かれていないので誰からもらったモノか分かりません。

こっそり教えていただけると嬉しいです。

クリックすると元のサイズで表示します
さて。ヨ5000に取り掛かります。

ヨ3500もそうですが、このヨ5000も林工房組立になるヴェスターヴィーゼキットです。

ボタン電池で片側テールライトが点灯可能でそのために屋根が載せてあるだけでちょっと落ち着きません。

クリックすると元のサイズで表示します
ヨ5000で検索するとウィキペディアで使われた写真が出てくる「ヨ14234」にすることにします。

ベンチレーターの数から言ってこれでしょう。

仙ココ(小牛田)か仙コリ(郡山)です。

コの次の文字が「コ」ではない様に見えます。 

函コリは五稜郭ですが、仙コリは郡山です。

クリックすると元のサイズで表示します
中央に近い文字「2」から始めて先ずは前側をやっつけます。

クリックすると元のサイズで表示します
もう終わっちゃいました。

「ヨ14234」は石油ストーブですのでそのマークを転写しておきます。

クリックすると元のサイズで表示します
換算1.0の転写

クリックすると元のサイズで表示します
全検表記は郡山車両センターにしておきます。(ヨ8000の余りから)

クリックすると元のサイズで表示します
この小さい表記はIMONトラ6000(PEMP板キットベース)から。

クリックすると元のサイズで表示します
いつもの作業を

クリックすると元のサイズで表示します
的確にやります。

クリックすると元のサイズで表示します
昨日買ったワールド工芸の「有蓋貨車(1)」インレタから自重を持って来ますが妙に間延びしていてアウトかな。

クリックすると元のサイズで表示します
IMONワム50000の自重(インレタは「自重9.0」ですので「0」を削り取ります)

クリックすると元のサイズで表示します
「8」の数字ですが、ワールド工芸の「有蓋貨車」ではこんなに太い!

これは転写し易さを狙ってわざとでしょうか? これはクロマチックですからどんなに細くても転写できますよ!

クリックすると元のサイズで表示します
この「8」はIMONのトラ6000用です。

断然こちらが良いです。

クリックすると元のサイズで表示します
片面終了

今日も3時半になってしまいました。 馬鹿は死んでも治らないかもしれません。

それにしても正月、今年はありがたいことに出かける必要がなく、模型で遊べる素敵なお正月です。

子供たちは遊んだ様ですが、ママは働き詰めで参っています。

美味しいものを食べる必要もないし、のんびりしたお正月であって欲しいものです。








teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ