2021/1/4

ヨ14234⑵  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
もう一枚のレタリングにかかります。 何となく「2」が汚い

クリックすると元のサイズで表示します
消しました。 固着擦りをしてあったので消しにくいのです。

クリックすると元のサイズで表示します
石油ストーブマーク

クリックすると元のサイズで表示します
全検表記

クリックすると元のサイズで表示します
端面の石油ストーブを知らせる白線、テールライトを穴で逃げようというアイデアはダメでした。

クリックすると元のサイズで表示します
一ぎめして

クリックすると元のサイズで表示します
ずれないように全面にメンディングテープを貼っています。

クリックすると元のサイズで表示します
ちょいとめくって転写できているかどうかを覗き見て

クリックすると元のサイズで表示します
大丈夫ならOK、どんどん進めていきます。

クリックすると元のサイズで表示します
仙センだけだと思っていたら途中から仙ココ(小牛田)でした。

イモンならやりそうなことです。 こちらを利用すれば遥かに早いです。

クリックすると元のサイズで表示します
仙コリ、自重

なにせあまりにも細かいので比較対象物として0.5mmのシャープペンのペン先を置いてみました。

クリックすると元のサイズで表示します
こうやって上を剥がしたり舌を剥がしたりしながら微調整して転写しているのです。

クリックすると元のサイズで表示します
インレタ終了!

このヨ14234の場合、もう一つ問題があり、ハンドブレーキサイドのデッキステップと手すりの白塗りがなされていません。
それをエナメルで施すとした場合、オーバーコートが必須かもしれません。

窓セル外して、車輪外してオーバーコートと汚しを行うかどうか・・・・









teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ