2021/1/14

アクメの室内灯搭載続く  鉄道模型

アクメはアルファベットでACM Eです。

最近iPadでアルファベットが打てなくなってしまいました。 変なモードになった?・・・私の予想ではバージョンアップして難しくなったかと思います。 仕方なく「読み」でアクメと書きます。

クリックすると元のサイズで表示します
それはそうと、今日は純粋に散歩しました。 表参道です。 キャットストリート近辺の歩道橋です。

クリックすると元のサイズで表示します
同じく表参道、表参道の交差点方向を向いています。 人通りは極端に少ないですが前回の非常事態とは全然違い、異常な少なさは見られません。

クリックすると元のサイズで表示します
表参道の交差点近く、無かったビルが建ち上がっています。

クリックすると元のサイズで表示します
青山通り、表参道の交差点です。

クリックすると元のサイズで表示します
長年の疑問、信号機のワンサイクルは2分?3分?と言う疑問、答えが出ました。 2分半が正解だったのでした。

クリックすると元のサイズで表示します
さて、一旦仕上がった形になっていたユーゴスラヴィアの寝台車に室内灯を入れる作業にかかります。

アクメの客車はこのパーツを外すことから始めなくてはなりません。(今は外しかけている状態です)

クリックすると元のサイズで表示します
この寝台車は個室11部屋になっています。 I M O Nの室内灯がややピッチ狭く、12個室だとドンピシャでした。

基板をデッキ無し側に持ってきて、スーパーキャパシタはそのサイドの車端天井に入れる算段です。

クリックすると元のサイズで表示します
室内をライトボックスにする作戦も使います。 それには基板側の上への漏れが足りないのでまた適当な穴を開けます。


昔、日本にZゲージを始める東京マルイのショーがありました。 20年くらい前でしょうか・・・

Zゲージの車両にはチップLEDが2個灯されています。

LEDによるライトアップがその「売り」だった様です。

しかし、私には「酷いもの」にしか見えませんでした。 1両に2つのライトが灯された列車・・・まるで昔のカツミ模型店の電車です。
イモンじゃなくとも既にパネルライトの住人に向かって昔のナサケナイ「2灯/1両」を見せたって仕方がないです。

私は東京マルイの人に言いました

「チップLEDを2つ灯すなら屋根をライトボックスにして上に向かって照らした方が良いですよ」

反射光で室内灯にすればまだこの酷い状況よりは良いからです。

これの提言に対して

「あ〜〜ん何言ってんだ?この人」

みたいな反応が返ってきた時点で私はZゲージはダメだなと思いました。

今、16番1/80の世界でもチップLEDは天井のライトボックスを照らすべきです。 ライトボックスは無光沢が良いでしょう。 もちろん車体側ではなく室内装置が取り付けられたものの上に設置して何ミリかでも天井まで距離がなくてはなりません。

それなら6個まで必要ないでしょう。

今のように下に向けて光らせるなら「最低」が8個だと思います。 あまりにもプアーです。

クリックすると元のサイズで表示します
I M O Nパネルライト、上に向けて光を漏らす都合上貼り方が教科書と違います。 半透明白のビニール袋も使います。

クリックすると元のサイズで表示します
天井に蛍光灯機具を表現してありますが、通路の天井板は撤去です。

クリックすると元のサイズで表示します
試しに点灯してみましたが、三段寝台の上段が邪魔です。

この寝台車、1人〜3人で利用できるように一部屋三段3人定員ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
上段の寝台を撤去しました。 途中経過の写真はオミットです。

クリックすると元のサイズで表示します
配線です。 目立たぬように! 床板に乗せられた室内装置に乗せることができればリード戦も隠し放題です。

クリックすると元のサイズで表示します
こんな仕上がりです。

クリックすると元のサイズで表示します
通路側は全く直接光は無し、全て天井経由です。

クリックすると元のサイズで表示します
基板側のサイドにもう少し工夫をするべきでした。

クリックすると元のサイズで表示します
アップで見ると

クリックすると元のサイズで表示します
こんな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します
昨日ライティングした1/2等客車のライティングも少し直します。

(バックの寝台車がまだ光っています。スーパーキャパシタのせいです)

クリックすると元のサイズで表示します
プラ客車の欠点、窓ガラスがパネルライトのように光を回してしまいます。 その対策に

クリックすると元のサイズで表示します
窓ガラス上部にアルミテープを貼って、此処から光が回らない様にしました。

クリックすると元のサイズで表示します
ずっと良くなりましたがまだやることがいっぱい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
アクメのセット最後の一両がこれです。

クリックすると元のサイズで表示します
分解して取り付けた方が楽なものがあるので分解します。 室内灯はこれにはつけません。

クリックすると元のサイズで表示します
この輪っかが取り付けたものです。

今日も3時回りました。なにせ頑張ります。






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ