2021/1/16

2台目のJZ寝台車  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
Cセットの先に作業していた2両についてもこのパーツを付けておきます。

クリックすると元のサイズで表示します
ここで思い切った作業が入ります。 物置と化していたマッハの車両修理台を使えるように片付けをします。

クリックすると元のサイズで表示します
収まるべきスタイルになりました。

クリックすると元のサイズで表示します
このパーツ、バローべの四角いヤスリで90度の切れ込みをはっきりさせて出っ張りを切り落として余裕を持たせます。

クリックすると元のサイズで表示します
こんな形で付けました。

クリックすると元のサイズで表示します
DB客車が入って縦になっているのはCセット。 (2両については接着剤硬化の時間を見ています・・・陰干し中)

3両入っているのはこれから作業するAセットです。

クリックすると元のサイズで表示します
ひとつ作業したての寝台車に照明をつけます。 と思って並べてみると随分色が違います。

クリックすると元のサイズで表示します
上;Cセットに含まれるグレー屋根の寝台車、既に照明組み込み済み。 通路側壁の色;黄色っぽい。

下;Aセットに含まれる銀屋根の寝台車、これから室内灯取り付けます。 通路側壁の色;茶色=木目?

印刷の文字もわざわざ変えています。

クリックすると元のサイズで表示します
通路天井を取り外し、網棚を一時的に撤去して上段寝台を撤去します。

クリックすると元のサイズで表示します
ライトボックス(=天井)に回す光の出口を前回の反省に基づいて穴を開けます。

クリックすると元のサイズで表示します
例によって白濁ビニールで光の向きをコントロールします。

クリックすると元のサイズで表示します
試しに光らせます。

クリックすると元のサイズで表示します
リード戦、床板を貫通させて台車に組み込む集電ブラシにハンダ付け。

クリックすると元のサイズで表示します
基板側にスーパーキャパシタ、リード戦の仕舞い込み。

クリックすると元のサイズで表示します
天井から床下へのもにプローチ。

クリックすると元のサイズで表示します
完成です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
屋根裏ライトボックスを使う通路の照明は今回の方が良いと思い亜ほうがす。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。

クリックすると元のサイズで表示します
I M O N【北斗星】とまではいきませんが良い感じです。

クリックすると元のサイズで表示します
レールから外しても暫く光っているので比較ができます。

クリックすると元のサイズで表示します
通路側は茶色の今回は暗めに見えます。

クリックすると元のサイズで表示します
上段がついていそうなクシェット(簡易寝台)をいじってみます。

日本の三段ハネに相当しますが、簡易新台は国鉄直営で、寝台が寝台車運営会社(ミットローパ、DSG、ワゴンリなど)によるものとはだいぶ違います。

クリックすると元のサイズで表示します
アクメの短縮形エアホース、2種類あることに気が付きました。

クリックすると元のサイズで表示します
左と右に分けて設置しました。

クリックすると元のサイズで表示します
窓ガラスのパネルライト化をさせない為の遮光です。

クリックすると元のサイズで表示します
これも遮光です。 こういう細かいところがプラ製車両の照明取付に重要です。

クリックすると元のサイズで表示します
ライトボックスへ放つ光も大事です。

クリックすると元のサイズで表示します
この車両は基板とスーパーキャパシタを前後の端に振り分けます。

リード線を15cm足せば良さそうです。 製品は50cmですから僅かに余裕見て16cmに切ります。

このリード線の短さはナロー前提の感じがします・

クリックすると元のサイズで表示します
カッターで切り出した「ヤニ入り粒ハンダ」です。

クリックすると元のサイズで表示します
接着方法、基本はゴム系接着剤に決めてかかります。

クリックすると元のサイズで表示します
点灯試験。

今日は最悪3時半既に過ぎています・・・





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ