2021/1/17

クシェット2両  鉄道模型

非常事態宣言下なのでイベントも何もなく、模型が捗ります。

クリックすると元のサイズで表示します
住宅展示場跡地も冬らしい景色になっています。 雨のない日が続き池は干上り見慣れない景色です。 

今日は晴天で暖かいので散歩します。

クリックすると元のサイズで表示します
キャットストリート、人通りは4月頃より断然多いですがこんな景色です。

クリックすると元のサイズで表示します
明治通りを歩きます。 大きな建物が建ちそうな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します
表参道

クリックすると元のサイズで表示します
中をごちゃごちゃ歩いて

クリックすると元のサイズで表示します
定点観測ポイント骨董通り

クリックすると元のサイズで表示します
青山通り、今日は3590歩でした。

クリックすると元のサイズで表示します
作業にかかれば写真撮る間もなく完成

クリックすると元のサイズで表示します
アクメのJZクシェットです。

クリックすると元のサイズで表示します
実は基板とスーパーキャパシタを前後に振り分ける初めての例です。 うまく行きました。

クリックすると元のサイズで表示します
通路側は天井ライトボックスのおかげで楽々完璧に近い仕上がり。

クリックすると元のサイズで表示します
下から見上げれば区分室それぞれも全て天井ライトボックスの恩恵に預かっていることがわかります。

しかし、こんな風にうまくいくとは思っていませんでした。 上段寝台が付いているからです。 寝台車の場合は上段を撤去しましたがクシェットではそれが出来そうにはなかったです。

寝台車でもそうですが、やり方に工夫が凝らされています。

それを忘れてしまうと再現できない(別の仕上がりになる)のですぐにもう一両を照明取付に掛かります。

クリックすると元のサイズで表示します
アクメのダルマティアEXのBセットの中にあるクシェットにかかります。

クリックすると元のサイズで表示します
左下端の白い別付パーツの相方(脚が3つに分かれた線対称形のもの)が入っていません。 

1両完全にできなくなりました。 それにしてもお客様取り付けではないパーツも予備が欲しいものです。

クリックすると元のサイズで表示します
バッファーが飛ばされてヒヤヒヤしました。

クリックすると元のサイズで表示します
このパーツ、やはり右の様に切り落としてから接着しなくてはバッファーの可動のせいで飛んでしまうかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します
2両目ができました。 手前側です。

クリックすると元のサイズで表示します
この場合は奥側が2両目

クリックすると元のサイズで表示します
しかし、その後忘れ作業が発見され改良されました。 これが2両目の改良後です。

クリックすると元のサイズで表示します
1両目は車体裾が青く、黄色い床下器具があります。 これは白で車体裾は濃い緑です。

クリックすると元のサイズで表示します
通路側 2両目はさらに良くなります。

クリックすると元のサイズで表示します
2両目は素晴らしい出来でした。

世間で売られているスーパーキャパシタは決して室内灯に使ってはなりません。

通電が切れると僅かですが暗くなります。(キャパシタ=コンデンサーではそうなりません)

通電が切れると瞬時に盛るさが落ちる=点いたり消えたりするのと同じです。 ちらつきです。

チラつき防止にはキャパシタを使わなくてはなりません。

IMONパネルライトに付属しているスーパーキャパシタはスマホに使われているもので、通電を切っても明るさに変化が出ません。









teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ