2021/1/18

アクメ組み立て難さが問題  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
扱い方が分かってくるとうまく入らない時でも慌てなくなってきました。

これはきっと穴が浅いのです。

クリックすると元のサイズで表示します
裏側を見ると穴が貫通していません。

クリックすると元のサイズで表示します
反対側は穴が貫通しています。 万事気をつけて進行しなくてはなりません。

クリックすると元のサイズで表示します
凝った面白い形のパーツですが、この形を実現するために真ん中が湯口になっています。 カッターやヤスリで整形する必要があります。

黒いパーツは車体の凹みにピッタリ収まるパーツで4箇所取り付けます。

同じ様な形が一体成型でできている部分もありますが、このパーツの方が細いです。

しかし、この取り付けはわざわざユーザーの遊びの為に設定したものと思われます。

片側パーツの取り付けが2箇所、一体成形が2箇所あり、表現が混ざることになります。

車体側面に埋め込まれた形になり、組み立てには支障がなさそうに見えますがとんでもない!

何回も泣かされています。 注意を最大限にして組み付けを行っても障害して全分解で全てやり直しになります。

アクメ最大のウィークポイントです。

アクメの人は知らないと思います。 これが障害になるはずはないと考えるのが普通です。 パーツ組み付けした上で組み立てをしていないと思います。 何百人いてもやっていないと思います。 それほど大きな問題です。

ここは一体成形だけで行くべきでした。

クリックすると元のサイズで表示します
片側に2箇所取り付け、一体成形が片側に2箇所

クリックすると元のサイズで表示します
左がRoco、右がアクメです。 ひとつ飛ばしてしまったのでSOSです。

Rocoの場合は予備がいっぱいあるパーツと予備なしがあります。 アクメは基本予備はないです。

クリックすると元のサイズで表示します
トイレに光を回そうと考えたのですが失敗でした。

明日決死の覚悟で再分解修正を加えるつもりです。 分解するときは死ぬ覚悟でやらねばなりません。 組み立てる時も壊す覚悟です。 相当慣れてもダメです。 時間もかかります。

クリックすると元のサイズで表示します
パネルライトには工夫を凝らします。

クリックすると元のサイズで表示します
車端部のライトボックス。 明るくするより後窓ガラスがパネルライトにならない遮光の目的がメインです。

クリックすると元のサイズで表示します
1・2等合造車がパネルライト接着にかかりましたので、2等コンパートメント座席車に作業して待ちます。

クリックすると元のサイズで表示します
2等車は定員80名です。 この違いにびっくり。

クリックすると元のサイズで表示します
2等車屋根に文字発見。「Aisle」愛するのかな?と思ったら「こっちは通路側だという表記です」

クリックすると元のサイズで表示します
点けてみました。 問題点は見えていません。

クリックすると元のサイズで表示します
完成させてこれを撮ってもまだわかりません。

クリックすると元のサイズで表示します
問題はこの手前の部屋です。 トイレに光が届いているわけもないのでトイレを塞いでも反射板が必要です。

クリックすると元のサイズで表示します
通路サイド(Aisle)も大丈夫。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらもOK

クリックすると元のサイズで表示します
パネルライトの様子はこんな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します
二等車のパネルライト

クリックすると元のサイズで表示します
リード線、1両で33cm使うのIIMONのリード線は使っていられません。

クリックすると元のサイズで表示します
ヤニ入り粒ハンダ

クリックすると元のサイズで表示します
メンディングテープで接続部のカバーをします。

クリックすると元のサイズで表示します
接着剤中に次を見ます。 新そうな車、全長26.4mです。

クリックすると元のサイズで表示します
これも明日やり直します。 この角度はOKです。

クリックすると元のサイズで表示します
一番向こう側の部屋が明る過ぎです。

クリックすると元のサイズで表示します
通路サイドはOKです。

クリックすると元のサイズで表示します
これも良いです。

クリックすると元のサイズで表示します
左端が明るいとは。 急ぎすぎですね。

また今日も3:30。 参りました。






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ