2021/1/19

ライティング決死の修正  鉄道模型

ケッシノカクゴをミセルトキガきました。 漢字が変換デキマセン、凄い努力デ書いて居ます。

クリックすると元のサイズで表示します
2cl車両、無事分解出来ました、

明るすぎる区画のの光を減らします。

クリックすると元のサイズで表示します
じつはまだ改良の余地があります。

またやるかどうかは一晩寝てから考えます。

クリックすると元のサイズで表示します
改良後、こんどは手前が暗くなってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します
改良後

クリックすると元のサイズで表示します
改良前

クリックすると元のサイズで表示します
模型の造りは繊細で細かく、弱いですが分解するためには物凄い力が必要です。

しかも、持つ所がありません。 台車は簡単に外れる所とどうやっても外れないとこROのどちらかです。

今回、決死の覚悟で30分も掛けてここまできました。

残念、RIード線GA切れました。

クリックすると元のサイズで表示します
作戦を練っていましたが、瞬間の閃きで計画変更、パネルライト取付位置そのものを動かします。

クリックすると元のサイズで表示します
ライティング7両目である2等車のやり方をこの6両目にも適用してみる事にします。

クリックすると元のサイズで表示します
今回の仕上がりです。

クリックすると元のサイズで表示します
改良後

クリックすると元のサイズで表示します
改良前

クリックすると元のサイズで表示します
いよいよこれに掛かります。

0.5mmで穴を開けて(突然日本語が打てる様になりました!本当に突然です)0.6mmのドリルで入口を拡げてやると手摺が入りました。 そういった作業無しでは絶対に入りません。

クリックすると元のサイズで表示します
このパーツの取り付けにはタミヤセメントを思いついて使います。 混ぜ今まで忘れていたのか・・・

しかし、これは4つ入っていて良かったです。

クリックすると元のサイズで表示します
台車に付けるこのパーツは8個必要で7個しか入っていません。 真鍮線で作ります。

クリックすると元のサイズで表示します
全部部会しないと取付できません。

しかしこの台車は分解するのがどきどきです。 決して手を出してはいけない遊びだと思います。

パーツ、軟質プラと同じ径0.5より細い0.4mmの方が似たような形に曲げやすいので作り直しました。

クリックすると元のサイズで表示します
取り付けました。 ゼリー状の瞬間接着剤です。

クリックすると元のサイズで表示します
この短いエアホースもひとつ足りません。 長いやつから切って作ります。 4つ作ります。

クリックすると元のサイズで表示します
この取付が非常に難しく、DBの客車同様穴は全部ダメダメです。

結局DB同様の穴あけ直し→丸穴だからゼリー状瞬間で接着とせず、あくまで入る寸法になるまでヤスリで削る作戦を取りました。 それでも渾身の力で入れなくては入りません。

失敗して気がついたらカプラーが壊れていました。

外れただけですが、無事に外れたのですが全分解せずには無事に入れられません。

全分解は多分10時間かけても可能かどうかわかりません。

設計が洗練されていない・・・再分解が命がけなのです。

イモンは意地でさわっていますが、触らぬ神に祟り無し。

クリックすると元のサイズで表示します
椅子が壁からズルズルと開いています。

ライティングをしようとするイモンには困った事態です。 光が回りづらいからです。

クリックすると元のサイズで表示します
ロックタイト460だったかを染み込ませてG00tのバネ挟みで止めます。

クリックすると元のサイズで表示します
うまく行きました。

クリックすると元のサイズで表示します
これ以上ない程長い全長26.4m(DBと同じ)の客車に日本型を念頭に作ったIMONのパネルライトが使えるのか? 日本型は最大で21.3mです。

リード線は届いてしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します
この位置で天井に上げないと端までは回せません。

クリックすると元のサイズで表示します
こんな取り回しです。

雑になるとダメなので完成は明日に持ち越します。 まだバッファーもひとつ飛んだままです。

Rocoやティリジの客車を早く触ってみたいです。

今日は今3:47です。参ります。







teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ