2021/2/5

なんとかやり遂げました  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
ライトの試験点灯などしながら進めます。

クリックすると元のサイズで表示します
台車の集電ブラシもブレーキ装置とディスクの表現も接着されていたものを引き剥がしたり切断するなどしてきましたので再接着するためには掃除を徹底的にしないと元の鞘に収まってくれるわけないです。

クリックすると元のサイズで表示します
台車の中に配線を通しながら集電ブラシとリード戦の半田付け

クリックすると元のサイズで表示します
集電ブラシを台車に接着する必要がありますが、集電ブラシとして使ったまま接着

それにはゴム系に瞬間接着剤を流すやり方でした。

仕上げが汚いのでボロ隠し・・・隠れませんが。

クリックすると元のサイズで表示します
レールから集電確認 

クリックすると元のサイズで表示します
5mm幅両面テープをつかって車体と床板を固定してしまいます。

ボディーが床板に対してものすごく開いていますので接着してしまおうという作戦です。

両面テープは何粘着力がなくなると考え、一部分はゴム系接着剤使用します。

クリックすると元のサイズで表示します
ゴム系が2箇所、両面が3箇所で張り合わせます。

どちらも強く押し付けてくっついてもらいます。

クリックすると元のサイズで表示します
おまじない、このウェイト程度の重さではないです。 気休め

クリックすると元のサイズで表示します
アクメにはこれがあります、 たいへmんです。

クリックすると元のサイズで表示します
頑張ってヤスってもダメな場合xsドリルで穴を開けて瞬間で止めます

クリックすると元のサイズで表示します
もう一台には7手しか入っておらずRocoを4つ使って

クリックすると元のサイズで表示します
左側がRoco、右がアクメ

クリックすると元のサイズで表示します
概ね終わりました。






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ