2021/2/7

オリエントエクスプレス、、プルマン車LSモデル  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
LSモデルのオリエント客車一つ手を出してみます。

クリックすると元のサイズで表示します
説明書です。 チムニーさんで、これも「命懸けの分解」だと聞いています。

クリックすると元のサイズで表示します
箱を開けるとこういう眺めです。 布?メガネ拭き? ともかくこの布は引っ掛かるらしく、車体中央のエンブレムのところはビニールで日かからない様にしています。

IMONの場合はビニールと車体の間の保護用の紙がディティールに引っかかるので紙をやめてハイテククロスに直したばかりです。

格好は最高ですがこの布は原価30円位の安いメガネ拭きの類と思います。 しかも少し寸足らず気味。 値段が違いますがIMONのハイテククロスは原価で百円の桁です。

クリックすると元のサイズで表示します
1/87のナハネ20と並べてみます。

なるほど車体断面は同じ位です。

クリックすると元のサイズで表示します
車輪径は11.43もあります。

クリックすると元のサイズで表示します
ホイールベースは28.62mm

クリックすると元のサイズで表示します
いずれオリエント急行客車はTR47に履き替えられて日本の線路上にやってくるのです。

右はIMONのTRー47 この様な場面を雑誌上で見ました。

クリックすると元のサイズで表示します
もうだめか?諦めて引き返すか?という場面を乗り越えて徐々に分解していきます。

クリックすると元のサイズで表示します
インテリアと床板の分解がまた大変でした。

クリックすると元のサイズで表示します
なんとか分解できました。

クリックすると元のサイズで表示します
将来のTRー47履き替えのためのデータを取ることも一つの目的です。 マクラバリ高さで2mm違います。 そして車体の穴は(火山の火口)径3.2mmでした。

クリックすると元のサイズで表示します
お遊びで室内灯を仕込んでみます。

スパイクモデルの集電ブラシを使います。 厚み0.1mmです。

クリックすると元のサイズで表示します
屋根裏のバリをキサゲハケで平にしてからアルミテープを貼ります。

クリックすると元のサイズで表示します
貼ってから周辺部を修正液で白くしたりします。 

クリックすると元のサイズで表示します
何しろ初体験なので色々考えながら作業しなければなりません。

クリックすると元のサイズで表示します
テーブル上のランプシェードに光を入れられる様に工夫されていますのでやってみます。

クリックすると元のサイズで表示します
IMONのQV009「1208」ですが、爪楊枝のお尻の部分を切り取り、ゴム系クリアと瞬間接着剤で固めます

クリックすると元のサイズで表示します
左右2列の照明にLEDセットしました。

クリックすると元のサイズで表示します
床板と室内インテリアを固定します。 パチン!と

クリックすると元のサイズで表示します
インテリア上部に付けるパネルライトから配線を床下まで届かせます。 光は見えていますが難しく苦労しました。

クリックすると元のサイズで表示します
床板インテリアに車体を嵌めます。 穴を通したリード線にはマスキングテープで戻らない様にしてから作業します。

組み付けは分解の1/3の労力ですが、作業に集中できないと壊すかもしれないので注意深く行きます。

クリックすると元のサイズで表示します
台車に差し込みます。

クリックすると元のサイズで表示します
ビス留め成功!

ビスを使うこの方法が段違いにスマートですね。

クリックすると元のサイズで表示します
肝心の作業は明日にします。

スーパーキャパシタへランプシェードは直接配線するつもりです。






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ