2021/2/9

MAV客車リベンジへ  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
散歩がチムニーに寄るようになるとどっちが目的か分からなくなってきます。

アクメの同じものがやはり同じ様に(もっと!か?)買ってきてしまいました。

もう一回修行!上手く扱えるかどうかのテストです。

クリックすると元のサイズで表示します
上の2両は先日屋根と床下を塗装したものです。 下の2両は「使用前」にあたる製品そのままです。

クリックすると元のサイズで表示します
一等車の使用前・使用後

クリックすると元のサイズで表示します
二等車の使用前・使用後

クリックすると元のサイズで表示します
やはり明るいグレーばかりでできているのは抵抗が大きいです。 同じ編成の食堂車が「床下;黒」」というのが決定的要素です。

クリックすると元のサイズで表示します
記念に「使用前」形式写真撮っておきます。

クリックすると元のサイズで表示します
こちら一等車

クリックすると元のサイズで表示します
早速分解に掛かります。

この時代のアクメは何から何まで接着剤で組み立てられています。

クリックすると元のサイズで表示します
台車、ブレーキ装置も集電ブラシも接着されています。 この切断や引き剥がしもスマートにやれるかどうか・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
ブレーキ装置は切断で。終電板はエポキシで接着されているようで再接着作業のためには全部綺麗に頼まなくてはなりません。

クリックすると元のサイズで表示します
穴を拡大し、キサゲハケで磨きました。

クリックすると元のサイズで表示します
床板から室内装置を取り出すのも命懸けの厳しい作業です。

クリックすると元のサイズで表示します
室内装置=インテリアを固定するための爪です。

組み立てる時はスムーズでも取り外す事は一切考慮していないです。

クリックすると元のサイズで表示します
ベンチレーターの墨入れ

クリックすると元のサイズで表示します
拭き取った状態

クリックすると元のサイズで表示します
ガラス板にテープを貼り切ります。 伊藤正光さんがTMSに書いていた技法です。

慣れると「当然」になりそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
マスキングしました。

私は例によって「紙」を使っていますが、ティリッヒ→アクメ→今回のアクメと3回目の使用になって限界っぽいです。

クリックすると元のサイズで表示します
塗装しました。

色を比べてみて「ジャーマングレー(タミヤ)」より「ニュートラルグレー」(クレオス)にすることにしました。

クリックすると元のサイズで表示します
がびーん!また塗料漏れを起こしています。

クリックすると元のサイズで表示します
レールクリーナー+キムワイプで粘りづよく擦って消えたみたいです。

クリックすると元のサイズで表示します
缶スプレーを使いました。

塗装は初めて及第点、65点かなあ









teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ