2021/2/15

地震からの回復とバイエルン王国客車  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
仕方がないので塗料缶を箱に入れます。

クリックすると元のサイズで表示します
掃除機かけて雑巾掛けしました。

クリックすると元のサイズで表示します
テレビモニターは我が家に数少ない放送グレードモニターです。 これはテロップ用のカメラに繋げられ

クリックすると元のサイズで表示します
このカメラに映されたテロップをチェックするためのモニターです。

クリックすると元のサイズで表示します
伊東屋の紙テープ どうやって使ったのか覚えていません。 色が強すぎて使えないかも。

クリックすると元のサイズで表示します
こんな虫眼鏡が出てきました。

クリックすると元のサイズで表示します
一応片付きました。

クリックすると元のサイズで表示します
作業の続きにかかります。

バイエルン王国鉄道の客車です。

各王国鉄道が統一されて帝国鉄道になったのは1923年ごろだったと思いますが、プロイセン中心の統合に最後まで抵抗したのがバイエルンで、その統合は遅れたはずです。

だからエポックTかどうかよくわかりません。

クリックすると元のサイズで表示します
この時代見張り窓があるから荷物車が大スターです。

クリックすると元のサイズで表示します
というわけで見張り台側はエンドにしてあります。

クリックすると元のサイズで表示します
ここは見所なので連結器はダミーだけにしています。

クリックすると元のサイズで表示します
1・2湯コンパートメント側

クリックすると元のサイズで表示します
1・2湯通路側

クリックすると元のサイズで表示します
1・2・3等通路側

クリックすると元のサイズで表示します
1・2・3等コンパートメント側

クリックすると元のサイズで表示します
上から見ると1等は一つしかないことがわかります。 それにしても喫煙/非喫煙が分離されています。

クリックすると元のサイズで表示します
3等コンパートメント側(両端U室だけですが)

クリックすると元のサイズで表示します
3等通路側、三等車はオープンサロンです。

クリックすると元のサイズで表示します
実はこの客車、バイエルン王国→ドイツ帝国鉄道の同じ客車なのです。

実はどちらも委託品で出されたものを安く買ったものです。

クリックすると元のサイズで表示します
半年くらい発売時期は違うのかもしれませんがほとんど同時に発売されたくせに収納の仕方、箱が全然違います。

クリックすると元のサイズで表示します
なぜ同じ時期かわかるかというと、型番が隣同士だからなのです。

元々持っていた人は
『「1/2」「3」×3「荷」』
という買い方をする人と
『「T/2」「T/2/3」「3」「荷」』
という買い方をする人
両方ありだと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
箱を比べるとバイエルン王国鉄道の方が遥かに力が入っているかもしれません。







teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ