2021/4/25

MAV旧色4両  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
IMONパネルライトの光点ピッチとオハネフ12(このパネルライトの照明板は私自身がパネルライトに塗装した試作品でした)

クリックすると元のサイズで表示します
左から順に
@ 現在の製品
A 改良版の試作品
B 改良版試作品の短縮形
C 現在製品の短縮形

クリックすると元のサイズで表示します
奥から順に
@ A 改良版試作品
A B 改良試作の短縮形
B C 現在製品の短縮形
C C 現在製品の短縮形

クリックすると元のサイズで表示します
配線開始

右はヤニ入りハンダの粒16個

クリックすると元のサイズで表示します
透明プラ板1.7mm厚を試しに使ってみます。

クリックすると元のサイズで表示します
パネルライトの幅で切り出しました。

クリックすると元のサイズで表示します
全部使ったら無用な重さになるので各車2箇所に嵩上げに利用します。

クリックすると元のサイズで表示します
作業は進行中、スーパーキャパシタの半田付け

クリックすると元のサイズで表示します
仕立て上がりました。 奥から
A
C
B
C

クリックすると元のサイズで表示します
パネル下面
A
C
B
C

クリックすると元のサイズで表示します
一等車C

クリックすると元のサイズで表示します
1・2等車C

クリックすると元のサイズで表示します
二等車A

天窓から全体のバランスの為の光が出る様になっています。

スーパーキャパシタの位置は従来と同じ感じ

スーパーキャパシタ用の配線はこれだけが他の3両と比べて15mm長いです。

クリックすると元のサイズで表示します
二等車B

天窓を潰して短縮・・・ということはスーパーキャパシタは前へ!

クリックすると元のサイズで表示します
一等車Cの光源側客室側

クリックすると元のサイズで表示します
光源反対側、客室側

クリックすると元のサイズで表示します
光源反対側、通路側

クリックすると元のサイズで表示します
光源側、通路側

クリックすると元のサイズで表示します
一等車の中の様子

クリックすると元のサイズで表示します
1・2等車Cの光源側、客室側

クリックすると元のサイズで表示します
光源反対側、客室側

クリックすると元のサイズで表示します
光源反対側、通路側

クリックすると元のサイズで表示します
光源側、通路側

クリックすると元のサイズで表示します
1・2等車の車内の様子

クリックすると元のサイズで表示します
二等車Aの光源側、客室側

2番目のコマに光が足りなくなります。

クリックすると元のサイズで表示します
光源反対側、客室側

クリックすると元のサイズで表示します
光源反対側、通路側

クリックすると元のサイズで表示します
光源側、通路側

クリックすると元のサイズで表示します
この車両の中の様子

クリックすると元のサイズで表示します
二等車Bの光源側、客室側

クリックすると元のサイズで表示します
光源反対側、客室側

クリックすると元のサイズで表示します
光源反対側、通路側

クリックすると元のサイズで表示します
光源側、通路側

クリックすると元のサイズで表示します
この車両の中の様子

クリックすると元のサイズで表示します
例によってスーパーキャパシタを利用して並べました。









teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ