2021/5/5

ティリッヒReko車  鉄道模型

塗装の上に印刷が載せてありますので車体塗装色は思うままになりませんが屋根色や幌の塗装などでそれらしくした我が家のレコ車です。

クリックすると元のサイズで表示します
赤いシートが禁煙シート、緑が喫煙シートかなと思いますが、ティリッヒのレコ車は逆です。 エラーかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します
全く同じ車が6両あります。

クリックすると元のサイズで表示します
室内灯は付けていません。

クリックすると元のサイズで表示します
MAVだけ室内灯付けています。

その理由はA.C.M.E.の車両にこれみよがしにつけられていた集電ブラシを見てパネルライトを入れてしまった事にはじまります。
それはそもそも【Meridian】のためです。
1976〜77年の【メリディアン】にはMAVとJZ(ユーゴスラヴィア国鉄)だけで組成されていました。
MAV客車は二等車ばかり僅かだったのですが、途中から一等車や寝台車、食堂車が加わって、それらにもいちいち律儀にパネルライトをつけています。

このレコ車も含め室内灯を具合よく付けるのはいとも簡単ですが時間がちょっとだけ掛かります。

パネルライトはMAV限定で行きます。

クリックすると元のサイズで表示します
これは食堂車、ティリッヒの前身“ザクセンモデレ“の製品ですが内容は完全に一緒です。

クリックすると元のサイズで表示します
食堂椅子は派手な黄色にしておきました.

クリックすると元のサイズで表示します
この車も幌が塗りましたので感じ良いです.

クリックすると元のサイズで表示します
ティリッヒと比べると伸縮カプラー対応がイマイチでしたが完全に具合よく改良しました.

クリックすると元のサイズで表示します
伸縮カプラーだともっと幌が密着して欲しいですがイマイチです。 そしてガタがあります。

クリックすると元のサイズで表示します
ゼロイチの国内急行には「レコ」2等車が6両、1等車がY形コンパートメントで2両、Y形1・2湯車が2両です。
通常11両、時に荷物車が増結され12両です。

眠いので今日はこれだけ・・・・








teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ