2021/6/9

日本精密模型10 マニ60  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
日本精密模型のマニ600番台

このようにベンチレーターを避けてモルトを組み直すのですが無駄です。 スポンジですから捨てにゃいかんのです。

クリックすると元のサイズで表示します
組み立てが弱くなっていましたので両面テープを少し利用します。

クリックすると元のサイズで表示します
IMON C11 C11171釧路機関区標茶機関支機関支区

毎度ながら凄い出来です。

クリックすると元のサイズで表示します
シリンダーピストン棒とクロスヘッドが往来するスライドバーが磨き出されるようになりました。

クリックすると元のサイズで表示します
しまい方

クリックすると元のサイズで表示します
最後の前後方向の押さえはコンパクトに

クッションの使い方が間違っています。

この辺り、IMONは結構乱雑です。

クリックすると元のサイズで表示します
日本精密模型のマニ60ゼロ番台

クリックすると元のサイズで表示します
その反対側

クリックすると元のサイズで表示します
斜め上から

クリックすると元のサイズで表示します
これは正反対側

クリックすると元のサイズで表示します
屋根の継ぎ目を見ます

クリックすると元のサイズで表示します
日本精密模型のマニ60−100

クリックすると元のサイズで表示します
正反対

クリックすると元のサイズで表示します
斜め上

クリックすると元のサイズで表示します
正反対

クリックすると元のサイズで表示します
この100番台は僅かにベンチレーターを暗くしています。

クリックすると元のサイズで表示します
並べるとわかりやすいです。

16番は外観的に厳しいので悩みます

せめて13mmならHOと完全に切れてしまっていますが一応美しいです。








teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ