2021/7/1

26.4m客車のライティング3  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
気が緩んだ状態では一歩も前に進めないほどの量の別付パーツ、エアホースは展示用と走行用が8個ずつ入っていますが。

(残念ながら走行用のエアホースは1個不足です。こう言うことは半分弱40%もあります)

クリックすると元のサイズで表示します
走行用エアホースとフックはそのまま装着すると走行できません。(カプラーが引っかかるので全く不可能です・・・ACMEの特徴ですが忘れてました)

予備パーツから足して走行パーツを足りさせましたが、刺すのが難しくすぐに2個なくして頓挫。

走行パーツを使うことは諦めて全て予備品に回します。

展示用パーツを切り詰めて走行パーツを作ります。

ピンセットを使のはNGです。

必ずニッパーで差し込まなくてはなりません。 ものすごくきつくて力が必要な上に、上下左右と傾きを一歳許容しません。

(私の使っているニッパーは現在は売っていない細い小さな軽いニッパーです)

クリックすると元のサイズで表示します
最初からついているバッファーですが、簡単に抜けて取れてしまいます。

エアホースを抜こうとした時、バッファーが飛び、一瞬!研ぎ澄ませた神経は天井に当たった音を聞き分けたのですが失われました。

危険なので全て外しての作業とします。

バッファーが失われやすいのはACMEの特徴です。

失われてから思い出しました。

(後日=今日ですが、水平距離120cmの距離の床で発見して戻りました!素足で踏んだのでわかりました)

クリックすると元のサイズで表示します
バッファーが片方無いですが、ポップアップします。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらもポップアップします。 ここまで5枚の写真はポップアップします=会社のパソコンで登録しました。

クリックすると元のサイズで表示します
さてここから今日の作業です。 iPadなのであまりポップアップできません。

24mmと予想したミラーは測ってみたら22mmでした。

新しいミラーは32mmではなく30mmにします。

クリックすると元のサイズで表示します
横方向の壁を高さ調整します。

クリックすると元のサイズで表示します
ミラーの角度を浅くしました。 水平でもよかったかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します
結果はまあまあです。 光源反対側、客室側。

クリックすると元のサイズで表示します
真横から見るとほぼ同じ明るさになりました。

クリックすると元のサイズで表示します
光源側、客室側

クリックすると元のサイズで表示します
その別バージョン

クリックすると元のサイズで表示します
光源側、通路側。

クリックすると元のサイズで表示します
光源反対側、通路側。

クリックすると元のサイズで表示します
その別バージョン

クリックすると元のサイズで表示します
給仕室でしょうか。 ズボンプレッサーが2つ置いてあるように見えました。

充分光は届いています。

この客車の窓ガラスはグレーのスモークなので光は弱くなります。

クリックすると元のサイズで表示します
客室側の光の回り加減

クリックすると元のサイズで表示します
下から覗き見るとこんな感じです。








teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ