2021/7/4

26.4m荷物車3  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
明るさを加えたい地点に使う「白」(銀より白が明るいです)今回はベルビアンを使ってみます。

ベルビアンは樹脂のシートで厚みがあるのが玉に瑕です。

クリックすると元のサイズで表示します
光が要らないtところは黒いアルミテープを使います。

クリックすると元のサイズで表示します
光の漏れるところを予測するために懐中電灯で照らしてみます。

結果はオーライでした。 最終でも目的達成でした。(ブログはちょっと遅れてます)

クリックすると元のサイズで表示します
集電ブラシ

パネルライト振り回す羽目に陥ったACMEの集電ブラシですが、この時代のものはダメです。 IMON16番用を使います。

一番手前のIMON集電ブラシはACME用に切り欠き(ハサミ作業です)済みです。

クリックすると元のサイズで表示します
セットしました。 ディスクブレーキで集電ブラシを固定することになります。

クリックすると元のサイズで表示します
配線終了

クリックすると元のサイズで表示します
光を遮る最後の工夫、少し余裕を与えた黒いアルミテープです。

クリックすると元のサイズで表示します
それも全部貼っていよいよ合体

クリックすると元のサイズで表示します
こんな結果でした。 パネルライト先端に光を持って来すぎたかな?

クリックすると元のサイズで表示します
そして車体がはまりません。

パネルライトが支えてだめです。

クリックすると元のサイズで表示します
さあどうやって解決するか?








teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ