2021/7/5

26.4m荷物車4  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
中目のヤスリでバリバリ削りました。

プラスチックと糊付アルミテープの粉が混ざった削りカスは悍ましい(おぞましい)ものでした。

クリックすると元のサイズで表示します
電気を通すとこんなふうです。

クリックすると元のサイズで表示します
細かいサンドペーパーで磨いてからアルミテープで塞ぎます。

クリックすると元のサイズで表示します
解決しました。

先端の光が強すぎるので半分に減らした(アルミテープで光源側に戻してやった)のですが、減らしすぎたかもしれません。 残念!

クリックすると元のサイズで表示します
「荷物室は電気が消えている」方のサイドです。

解決したとみて仕上にかかります。

クリックすると元のサイズで表示します
転がりが悪いのでディスクブレーキを削ります。 プラパーツ(ディスクブレーキ)のホイールベースが台車のホイールベースより短いのです。

クリックすると元のサイズで表示します
左がACMEのパーツ、右がRocoのパーツです。

この中から使えるものを工面するのです。

ってすでに真ん中に選び出していますね。

クリックすると元のサイズで表示します
エアホースはACMEの展示用エアホースを切断して使います。 フックはRocoのものです。

クリックすると元のサイズで表示します
エアホースを付けました。 ACMEの客車にACMEのエアホースですが、取り付け寸法が違うようでかなりヤスらなくては入りません。 

白くなっているのは無理に押し込んだ為に変色しています。

クリックすると元のサイズで表示します
通路側、照明も点灯させています。

クリックすると元のサイズで表示します
荷物室側、照明点灯のおかげで車掌室の中が少し見えます。

クリックすると元のサイズで表示します
室内灯の写真です。 黒のスモークガラスなので暗いです。

光源反対側、荷物室側

クリックすると元のサイズで表示します
光源側、荷物室側

クリックすると元のサイズで表示します
光源側、通路側

クリックすると元のサイズで表示します
通路側、真横から見た姿です。

クリックすると元のサイズで表示します
光源反対側、通路側

難しい工作でした。 





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ