2021/7/6

26.4mコンパートメント  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
長い客車です。 コンパートメント・・・手強いタイプです。

でも、寝台や荷物車に比べれば苦でもないか・・・

クリックすると元のサイズで表示します
Rocoです。 オーストリア製Rocoです。

クリックすると元のサイズで表示します
車体の桟の上から照らさなくてはいけないタイプです。

クリックすると元のサイズで表示します
旧競品パネルライト、もうほとんで予備はないです。

恥ずかしいことに在庫を切らせてしまっているようです。

光源をRocoの通例とは逆のTillig同様の側に持ってくると、両方とも2等車側が光源側に来るのではっきり違いを確認する木t暦で20mmと30mmの比較をしてみます。

クリックすると元のサイズで表示します
左側の車体だけ作業済みですが、車体内の断面(縦の面)に白を塗装してみます。

大変に見えますが大した手間ではなく効果的な感じがします。

クリックすると元のサイズで表示します
この時代のRocoの構造はこんなです。 台車を外すとカプラーの伸縮構造がバラバラになります。

「台車⇄パネルライト」の配線を試みますが、

クリックすると元のサイズで表示します
台車自体に後付けパーツが色々あるとなると簡単に進めるわけにはいかない感じです。

落ち着いて考えながら進めることにします。







teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ