2021/8/8

セキ13  鉄道模型

いよいよ取り掛かります。

クリックすると元のサイズで表示します
形式セキ1

FABのインレタ広い面積の中でこの「形式セキ1」は4枚しかありません。 僅か二両分です。

「形式セキ1000」(これも4枚)からも作れますが、セキ1000はたくさん使うからそういうわけには行きません。

クリックすると元のサイズで表示します
メンディンげテープで固定しました。

絶対先に成功させなくてはいけないインレタです。

クリックすると元のサイズで表示します
全検表記類も狭い場所ですが入れていきます。

クリックすると元のサイズで表示します
積、空、換算表記

クリックすると元のサイズで表示します
セキまで入れました。

クリックすると元のサイズで表示します
元々は右の「テム1306」から「13」を貰おうと思いましたが、文字がでかいです。

ワールド工芸でも「ワフ」のインレタ(左上)はFAB(左下)と同じですから「テム」だけが文字が大きいのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します
仕方がないのでFABのインレタから一文字ずつ切り出して転写します。 ここは幅を取る「3」から転写するのがセオリーだと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
横に「1」を持ってきて「13」になりました。

クリックすると元のサイズで表示します
向かって左側、自重に移ります。

クリックすると元のサイズで表示します
「荷重」はこうやってメンディングテープを先に切ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します
こんなふうに固定。

クリックすると元のサイズで表示します
一応片面完了しました。

クリックすると元のサイズで表示します
反対側、形式セキ1

ところが、やっぱりさっきの「荷重」はNGかなと思い始めました。

クリックすると元のサイズで表示します
これです。

「自重14.5t」が右に1度、「荷重30t」が右に2.5度くらい傾いていルカな?という感じです。

クリックすると元のサイズで表示します
爪楊枝の先で擦りましたがこんなです。 ネームランドのテープを上から当てて仕上げ擦りしていますから余計強力です。

クリックすると元のサイズで表示します
レールクリーナーとキムワイプで拭い、その後エナメルの艶消し黒を塗りました。

汚しすぎたときに使おうと考えていた作戦が発動されました。

クリックすると元のサイズで表示します
さらにそれをレールクリーナー+キムワイプで擦りとります。 ほぼ消し去りました。

クリックすると元のサイズで表示します
やり直し・・・

クリックすると元のサイズで表示します
まあ、まあまあですね。 荷重30tは沢山あるので・・・自重14.5tはそうそう無駄にはできません。

クリックすると元のサイズで表示します
反対側に戻って全検表記、仮固定をした後で全面的カバーをしています。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらの小さい検査表記も同じように仮固定を使っています。

クリックすると元のサイズで表示します
換算表記

クリックすると元のサイズで表示します
セキ

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
1ですが、外に傾いています。

クリックすると元のサイズで表示します
修正したら逆に内側に傾いています。

クリックすると元のサイズで表示します
ようやくOK

クリックすると元のサイズで表示します
自重

クリックすると元のサイズで表示します
荷重

クリックすると元のサイズで表示します
ありゃ・・・また傾いてしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します
消して

クリックすると元のサイズで表示します
入れ直しました。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらの面も終了で一台仕上がりました。

この後、タッチアップ、オーバーコート(インレタ保護が目的なので全体にかけたくないです)、エアガンによる汚し、そして石炭積み込みと作業が続きます。

クリックすると元のサイズで表示します
“A“の2両目、セキ19の形式を転写

クリックすると元のサイズで表示します
全検表記はこのように切ったメンディングテープで

クリックすると元のサイズで表示します
固定します。

クリックすると元のサイズで表示します
そしてもう一つ小さな検査表記

クリックすると元のサイズで表示します
今日はここまでにしておきます。







teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ