2021/9/1

発見していませんが出てきました  鉄道模型

今日の1日は家の片付けをしてから大井町本社に行き、20:00まで居て出来るだけのことをやって帰宅、21:00より夕食、22:30頃夕食終了、今日の作業に掛かりました。

通常の日々とほぼ変わらない動きです。

緊急事態宣言下でIMONの営業時間を短縮しているので子供達の帰宅が早いのも助かっています。

さて、無くしてしまった “DR“ マークの捜索から始めました。

床の捜索範囲は半径60cm位から75cm位まで拡大し色々なものをひっくり返し。工作机の上も色々ひっくり返して探しました。

とうとう諦めて次の文字を切ってヤスリ掛けをし始めました。

別の作業を進めることで発見できる可能性がある事を経験が教えてくれていたからです。

「絶対に机の下には落とさないぞ!』と強く誓って始めたヤスリ掛け、そんなことで床に落とさずに作業が進むほど甘い作業ではありません。

落として拾い上げて作業台の上に敷いてあるボール紙の上に置き、這いつくばって探す状態から立ち上がり、眼鏡を床捜索用の老眼鏡から工作用の老眼鏡に掛け替えて見た情景が↓この写真です。

クリックすると元のサイズで表示します
あれっ?あった!

神様が悪戯をしていたのか?

右が探していた無くしたDRマークです。

左は今拾い上げたDRマーク、毛が絡んでいますが、細くなって抜けた私の体毛です。

直角に曲がっていますが、恐ろしく弱い繊細なエッチング板(厚0.15mm)ですから何か直角なものに貼り付いていたから無事壊れずに出てきたわけです。

直角は想定されるのはバローべの四角断面のヤスリか小さな10mm×20mmの木片に張り付いていたに違いありません。

クリックすると元のサイズで表示します
一時失われた “DR“ マークを貼りました。 “DDR“ の紋章は禿げチョビでエナメルを#000筆で継ぎ足した「紋章」です。

クリックすると元のサイズで表示します
反対面も貼りました。

一瞬の油断もできない恐るべき作業がまだ圧倒的に続きますが大きな山を一つ越えることができた感じです。








teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ