2021/9/8

DDR政府専用列車B4  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
“B" セットの方の電源車、両面の“DDR"“DR"マークを貼りました。"

クリックすると元のサイズで表示します
もう一両も同様です。

クリックすると元のサイズで表示します
厨房部分の吹き付け終わったところ、マスキングテープを剥がします。

マスキングテープは塗装後できるだけ早い位時点に剥がした方が良いみたいです。

クリックすると元のサイズで表示します
テーブルは筆(西野天祥堂#2)で塗っていきます。

TAMIYAとかの筆ではこんなふうには塗れません。 道具で次元が別になってしまうものです。

クリックすると元のサイズで表示します
乾かしている間に道草食います。

PRR(ペンシルバニア鉄道)のボールドウィン2000HPディーゼル機関車

ドローバー連結というのは遊べる鉄道模型ではないと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
IMONカプラーHO−203使ってみました。

HO−201でも平気だったかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します
テーブルも乾いたので

クリックすると元のサイズで表示します
組み立てました。

トラブル発生です。

ティリッヒの客車、連結面に軟質プラスチックのジャンパー栓乃至ケーブルが表現されていますが、4両の両サイド8箇所のうち2箇所、パーツが失われていました。

全数外れやすいかどうかちチェックしなければならないかもしれません。

鉄道模型は走らせて遊ぶべきものですからパーツが外れるなどというのは論外です。

Rocoの似たようなパーツで補充するつもりです。

今日など、思いもよらないほど進行が遅く、私の不満が爆発気味です。

昨夜猛烈なペースで午前4:25頃まで作業をしてしまい、6:00まで眠れませんでした。 それが今日の停滞につながっているかなと思います。
体調を元に戻すべく今日は早めに寝ます。 夢の午前3:00前!です。








teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ