2021/9/12

DDR政府専用列車B7  鉄道模型

そうか、B7こそアルピナですか。

手強さに疲れ切っています。 焦らずさらりとやってしまわなくてはなりません。

クリックすると元のサイズで表示します
同じ内容の車両かと思ったらぜんぜん違う車両です。

大変なお金を掛けた金型ですが、全部一種類の成型色だと全然わかりません。

そのために苦労して彩色しているわけですが。

クリックすると元のサイズで表示します
“A"“B"セット一緒に作業するから同じ内装が2つずつ並んでいますが、意外に細かく作り分けられた別物が1両ずつ入った編成なのかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します
クロームシルバーを塗りました。

クリックすると元のサイズで表示します
中厨房の隣のベンチシートの会議室も彩色します。

椅子に使えそうな色が手元にあまりなく、車体色の候補だった(車体色に似ていますが)濃緑色を使います。

椅子の張生地の色は難しいです。

家具屋をやっていた(今でも実はインテリア井門の社長だったりします)経験で言うならば、家具の張地の色も季節によって選ぶ色が大きく影響を受けます。

洋服なら春物、夏物、秋物、冬物と着替えれば良いのですが、家具のファブリックはそうはいきません。

だから季節の感覚に囚われない色をここでも選ぶ必要があります。

また、東ドイツは「ドイツ」だからイタリアの様な能天気な色はありえないし、共産圏ですから赤系の軟弱な色みもありえません。
結局「コミュニストグリーン」に近い色にしてしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します
塗り終わった内装です。

基本がベークライトのようなベタっとした成型色ですから難しいです。

残念ながら木の色には全然見えませんですね。

クリックすると元のサイズで表示します
ストロボを焚いてみました。

ベンチシートの色と車体色はやはりちゃんと別物に見えますね。

クリックすると元のサイズで表示します
中厨房がある車です。

右側の窓の中に濃緑色のシートが見えます。

クリックすると元のサイズで表示します
小厨房がある車両です。 “フラットアース“を使って右の窓の中に色差しが見えています。

クリックすると元のサイズで表示します
次の2両です。 マスキングテープもちょっとだけ使いながらフラットアース(実は土の色ですが・・・)による色差しを入れていきます。

根本的な床と壁、椅子とベッドなどが一体整形で塗り分けられないので、出来ることは実に限られています。









teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ