2022/1/1

12月31日  鉄道模型

年賀状にひとこと添えることがあります。(全部には書かないのです)
それがハードだったので腕が痛くて上げられません。

昨日渋谷に行った機会にちょっとだけ買い物しました。

例えばこれです

クリックすると元のサイズで表示します
C11 171 冬の湿原号

クリックすると元のサイズで表示します
結構力が入った模型です。

クリックすると元のサイズで表示します
207との並びです。

クルクルパーの作りわけ、砂箱ハッチの開く方向が違うなど結構拘っています。

クリックすると元のサイズで表示します
天窓からメーターが見えています。 ここまではっきり見えてしまうと目盛が欲しくなりますね。

架線注意のトラ塗板の柄がずいぶん違います。

207のナンバープレートはかなり高い位置にあります。

クリックすると元のサイズで表示します
切り抜きしたものを整えてサフェーサー吹きます。

クリックすると元のサイズで表示します
クリアファイルにベークブロックの作戦

クリックすると元のサイズで表示します
まあまあ平らになりますが、車体外板よりサッシの方が手強いです。

クリックすると元のサイズで表示します
別のもの、サハの窓でしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します
私の本来の作戦、普通紙(設計図です・・・これはサハの妻面らしいです)の上から木片で擦ります。

普通紙ではベークはダメです。 木の破片をいっぱい買い込んであるのでコレが可能です。

クリックすると元のサイズで表示します
肉眼で見ると面目一新ですが、コレに関してはカメラは肉眼の足元に及びません。

クリックすると元のサイズで表示します
サッシ二段目をけがいて

クリックすると元のサイズで表示します
切って

クリックすると元のサイズで表示します
抜けました。 まさか全部抜けると思っていませんでしたので油断した感じです。

クリックすると元のサイズで表示します
普通のサーフェーサーといさみやの透明サーフェーサーを使い分けます。

透明なサーフェーサーは強みもありますが、ベタッと塗れるサフェーサーも貼り合わせの時の位置決めに良いこともあります。









teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ