2022/1/4

1月3日  鉄道模型

ようやく作業が行えました。

眠くてまともに描けません

クリックすると元のサイズで表示します
サハ用の二段目のサッシを抜きました。

クリックすると元のサイズで表示します
左の一群はデハ3500二両分、右はサハ一両分。 抜きすぎ多すぎかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します
切り抜いたままだとめく上がったままです。

クリックすると元のサイズで表示します
ガラス板を登場させます。

クリックすると元のサイズで表示します
普通紙を置いた上から木片で擦りますしごきます。

クリックすると元のサイズで表示します
だいぶ良くなると思います。 コレばかりは肉眼の方がずっとよくわかります。

クリックすると元のサイズで表示します
数日前に吹いてあった車体外板です。

クリックすると元のサイズで表示します
浮かせて吹き付ける作戦、裏返します。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
何せ工夫を凝らして浮かせます。

クリックすると元のサイズで表示します
今回はいさみやのスプレーを中味が透ける装丁で参ります。

クリックすると元のサイズで表示します
このへんも準備完了

クリックすると元のサイズで表示します
吹きました。

意外に透けませんません。

面裏は文字が残るのでわかりますが、目盛や罫書きは透けません。

クリックすると元のサイズで表示します
そして曲げる必要がある部分はマスクしていますので、時間のたたないうちに剥がします。

クリックすると元のサイズで表示します
目盛や罫書が消えるとなると周りを抜いて、毛描きの上にナイフを走らせてわかるようにします。

クリックすると元のサイズで表示します
抜きました。

クリックすると元のサイズで表示します
こんな姿になりました。

クリックすると元のサイズで表示します
3250の方です。

クリックすると元のサイズで表示します
抜きました。

クリックすると元のサイズで表示します
今日はここ迄にいたします。









teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ