2022/1/5

1月4日  鉄道模型

罫書きが消えてしまうとなれば切傷などでわかるようにしなくてはならない・・・その3枚目は

クリックすると元のサイズで表示します
二段目の窓です。 3連4連の窓の場合は横に1.3mm、単独の開閉サッシは左右1.0mmの糊代です。

クリックすると元のサイズで表示します
裸にする直前の写真です。

クリックすると元のサイズで表示します
なかなか綺麗にはいきません。

クリックすると元のサイズで表示します
どう切ればよいかがわかるようになっています。

クリックすると元のサイズで表示します
最後の包丁入れの後、普通紙+木片で擦ります。 平らにします。

クリックすると元のサイズで表示します
裸にした二段目窓の画像です。

窓の大きさ(横幅)は750mm、790mm、800mmがあります。

見分けられるように後で工夫しなくてはなりません。

クリックすると元のサイズで表示します
ドアまわりの補強にも平面化工作を行います。

クリックすると元のサイズで表示します
するとこんなふうに余分が落ちてくれました。

クリックすると元のサイズで表示します
サフェーサー掛けが終わった即板類です。

クリックすると元のサイズで表示します
床板、実は工房に切ってもらいました。

幅は良いのですが長さは雨樋と同じ長さです。

クリックすると元のサイズで表示します
ちょろっと切ってみます。

クリックすると元のサイズで表示します
サハ3250の床板はもうそろったという感じです(既に眠くて・・・)

クリックすると元のサイズで表示します
デハ3500形の正面Rは4500mm、1/87すると直径で103.45mmとなります。

100mmジャストを探しましたがこの海苔の缶が100mmピシャリです。

焼き海苔最後の2枚を味付け海苔の間に移して使います。

クリックすると元のサイズで表示します
図面、実物が車体幅2680mmなので0.87で割ると30.80mm この図面がドンピシャです。

クリックすると元のサイズで表示します
Rの確認

クリックすると元のサイズで表示します
缶を使って毛描きします。

クリックすると元のサイズで表示します
切ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します
こんな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します
もうひとつ切ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します
ちょっと整えると割合ピッタリ。

クリックすると元のサイズで表示します
最初に切ったやつも整えました。

真鍮は楽で良いです。

つづく







teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ