2022/1/18

1月17日  鉄道模型

3両の屋根が大体仕上がったかな?と思って寸法を測ってみましたが、サハがおもった以上に大きくなっていたのに対してデハ3507の寸法が思ったより小さくなっていました。

クリックすると元のサイズで表示します
雨樋の上に乗せてみたところです。

デハ3500形は屋根に特徴があります。

そう厚くはないですが側面から垂直に立ち上がって大きなRで「溢れんばかりの」屋根という感じがします。

「垂直に立ち上がる」をやろうとして削れてしまったのかな?と思います。

クリックすると元のサイズで表示します
考えた末、マッハのパテ(おそらく金属用と言われるもの)で膨らませることにしました。

クリックすると元のサイズで表示します
右はそのままで「Go!」のデハ3508の屋根です。

乾かす時間もたっぷり使い難しい作業になるものと想像されます。

クリックすると元のサイズで表示します
乘工社デハ3450用のドアの改良品です。

これは重要なパーツなのでさっさと使ってみます。

クリックすると元のサイズで表示します
雨樋の下に1mm✖️1mm角線をハンダ付する特異な構造に合わせるために上を約1mm(いや1.2mm位か・・・)切り落とさなければなりません。

クリックすると元のサイズで表示します
もしやとレールカッティングニッパーで切れたら素晴らしいと挑戦してみましたが・・・だめでした。

クリックすると元のサイズで表示します
置いてみるとドアスペーサーとピッタリでした。

1mm位左右に余白が残ればそこから瞬間接着剤が流せたのに残念です。

クリックすると元のサイズで表示します
蒸機屋の習い癖で黒染めしてみました。

塗装が剥げ難いメリットと比べて位置決めに難があるデメリットが優り染め無しで行くことにします。

クリックすると元のサイズで表示します
ゴム系クリアで慎重に接着していきます。










teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ