2020/8/10

宮下公園 チムニー Uトレ カツ丼  喰いだおれ

クリックすると元のサイズで表示します
宮下公園を散歩です

クリックすると元のサイズで表示します
1週間ほど前に来たときとはいろいろ変わっています。

クリックすると元のサイズで表示します
竜之助くんと一緒に散歩です。 目的地は欧州型模型店“チムニー“です。 自宅からその方向と正反対に向かって来たのは散歩だからです。

このベンチもなかった様な気がします。

クリックすると元のサイズで表示します
筋肉食堂

クリックすると元のサイズで表示します
パンダエクスプレス

ウチは渋谷で2004年からパンダレストランをやっていますが、今更こんなそっくりのマークで始められて少々頭にきますね。 恥ずかしくないのかしら?

クリックすると元のサイズで表示します
相鉄が来ました。

クリックすると元のサイズで表示します
宮益坂を登ります。 

私はこの宣伝トラックは莫大な税金を掛けるべきだと思います。

公費で造られた道路をタダで使う宣伝に課税しないのは頭が狂っていると思います。

こういう車を走らせる宣伝主も社会の癌ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
歩道橋を渡って246青山通りの南側を歩いて“チムニー“に向かいます。 写真を一枚も撮らなかったのが残念!

クリックすると元のサイズで表示します
そのままUートレインに来ました。

クリックすると元のサイズで表示します
MAV(ハンガリー国鉄)の客車群 “チムニー“で買いました。

ティリジは旧東独の“シヒト“を引き継いだ“ザクセンモデレ“を引き継いだメーカーで、東独製のトンガリ屋根です。

実車が全長24.5mのこの客車、〔Meridian〕〔Pannonia Ex.〕〔Metropol〕などを再現するときには多く必要とする客車です。

クリックすると元のサイズで表示します
蓄電池で走る電車 Akku-Triebwagen 3-teilig ETA 178 051(Wittfeld-Akkumulatortriebwagen)“チムニー“で購入。

1907年が製造初年(バイエルンS3/6より1年古い!)
なかなか「妙ちくりん」で素敵! とてつもない魅力的な車両です。

クリックすると元のサイズで表示します
Uートレインで買った(2000円)東独国内で使われていた食堂車。1976〜77年に東ドイツで撮ったゼロイチ牽引のD-zigには全てこの食堂車が付いていました。 国際寝台列車には食堂車が見当たらない?例えば〔Istropolitan〕にはチェコ国鉄の食堂車かもしれない、あるいはオシ16に類するものがついているがMIOTROPAではないので食堂車だと断言できないなどの例はあります。

なにせゼロイチの牽くSchnellzugには殆どこの食堂車が欠かせないのです。

クリックすると元のサイズで表示します
1977−08 ドレスデン近郊01−066の牽くDR国内急行列車。 この6両目にこの食堂車が見えています。

クリックすると元のサイズで表示します
今日の台所です。 昨夜テレビで「とんかつ」が紹介されました。 “ぽん多“が出てきました。

そんなことから我が家ではにわかに「カツ丼」を求める声が盛り上がり、我が家のカツ丼が始動します。

我が家のカツ丼は日本一です。

クリックすると元のサイズで表示します
一個目、四男慧士朗のところへ

左側はロースカツ、右側がヒレカツです。
玉ねぎは大きな2個が使われ、くたくたにだしで煮られました。
揚げたてのカツを包丁で切り、半生卵で閉じます。

クリックすると元のサイズで表示します
二個目、次男竜之助のところへ

クリックすると元のサイズで表示します
三個目、長男丈多郎mpところへ

クリックすると元のサイズで表示します
四個目、私のところへ(立派に見える原因は撮影用にお箸で整えたからです)

クリックすると元のサイズで表示します
ロース(左)とヒレ(右)の断面を見ます。

クリックすると元のサイズで表示します
五個目、三男紘之進のところへ

彼は帰宅が遅かったのでした。

クリックすると元のサイズで表示します
六個目、ママの分は小さくて、ヒレだけです。

恐れ入る美味しさでした。

今までは調理シーンを撮影できたのですが今日はフルメンバーだった事とヒレロース両用だった事から修羅場すぎて撮影できませんでした。

ポイント
*カツオだしで玉ねぎを時間をかけてくたくたになるまで煮る、味付け最高(塩分控えめ)
*とんカツの揚げ加減の完璧
*すぐに使う(揚げたて)
*卵は混ぜ過ぎない
*揚げたての「衣」の表面が残るように卵を掛ける
*卵は「半生」
*ご飯は控えめ
この味は日本一です。

クリックすると元のサイズで表示します
今日はこんな歩数でした。 散歩はこのウチ5000歩程度でしょう。




この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ