2021/4/4

MAV Y形の寝台車  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
この時点ではMAVのティリッヒY形(私が以前から使っていた言葉で言うと「トンガリ頭」です)最後の2両でした。

寝台車です。 気になるものではありますが蒸機時代はY形に寝台車はいませんでした。

蒸機時代の寝台車と食堂車はまだ何処の製品にもありません。

クリックすると元のサイズで表示します
通電方法は手慣れたティリッヒですが、さすが寝台車手強そうです。

まず第一に上段寝台を撤去しなくてはなりません。

クリックすると元のサイズで表示します
レールカッティングニッパーでバリバリ切っていきます。

クリックすると元のサイズで表示します
切り落とした跡が残ります。 そしてヤスリ掛けしてもその跡が見えます→塗装して隠すしかないです。

クリックすると元のサイズで表示します
ドア部分をスコッチの6mmテープでマスクしました。

クリックすると元のサイズで表示します
東急ハンズで買ったライトカーキーを塗ります。 しかし結果はダメでした。 やり直すほどではない・・・・

古くなって残り少なくなったスプレーは捨てるべきでした。

クリックすると元のサイズで表示します
マスキング7時間くらい掛けてやり終えました。

クリックすると元のサイズで表示します
床の色「ミディアムグレー」吹きました。

クリックすると元のサイズで表示します
マスキングテープ剥がしは早い程よいとか

クリックすると元のサイズで表示します
客室/通路の仕切板を差し込む部分は塗料が乗らないように裏からマスキングテープを詰めてから吹き付けました。

クリックすると元のサイズで表示します
「耳なし芳一」は2台ともほぼ同じこの辺りに発生しました。







この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ