2021/5/9

CFR DA060ディーゼル機関車  鉄道模型

これまた訳の分からない機関車が出てきました。

CFR(ルーマニア国鉄)DA060形ディーゼル機関車です。

クリックすると元のサイズで表示します
オリジナルは6台1959年スイスSLMから電気式ディーゼル機関車を購入した事から始まります。

ディーゼル機関はズルツアー、電気機器はBBCというスイス連合です。

出力は1900hp、モーターは194w×6、最高速度100km/h(後に120km/h)

その後ルーマニアのエレクトロプテレ社がライセンス生産、CFR向けが1476両、PKP(ポーランド国鉄)420両など中国やイランなどにも輸出されました。

1993年までに2496両に達しました。

(DD51が649両ですから如何に多数かが想像されます)

クリックすると元のサイズで表示します
模型のメーカー名は“mtb”です。

クリックすると元のサイズで表示します
チェコスロバキア、いやチェコのプラハ所在のメーカーです。

東欧に関心があるイモンは大喜びです。

クリックすると元のサイズで表示します
付属部品です。

カプラーも外された状態です。

Rocoのカプラーがありますが、おそらく前のオーナーが入れたものと思われます。

そうです、イモンは殆ど新品は買いません。1990年台半ばから天賞堂4階をはじめ中古委託ショップが断然なのです。

時々新品を買います。(ここ10年ほどですね)

クリックすると元のサイズで表示します
説明書です。

チェコ製のルーマニア国鉄ズルツアーの電気式DLです。

クリックすると元のサイズで表示します
即席のスタジオです。 工作台から数十秒でこの姿になります。

いや、ワイシャツのボール紙をセットするのに数十秒、リングライトをセットするのに数十秒ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
ラジエーターと屋上のファンがあるのが後位と見てRocoのカプラーをつけました。

クリックすると元のサイズで表示します
DF50と似た構成ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
前位には連結するカプラーをつけず、ACMEの鎖付フックをつけました。

クリックすると元のサイズで表示します
mtb製品付属のパーツにはフックだけのものしか無かったので、それを後位側に付けました。

クリックすると元のサイズで表示します
ルーマニア国鉄には夢が膨らみます。

ブカレストは治安が悪いそうですが、ゼロイチの牽く【バルトオリエントエクスプレス】の目的地です。

BaltーOrientーExpress はCFRの客車があれば組成できそうです。

食堂車がDRの旧型の赤いミットローパですから比較的容易なのです。





この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ