2021/8/10

セキ19、セキ42  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
今日はセキ19の小さな検査表記のリベンジから始まります。

細いメンディングテープに貼っていますが、上に見えているのは小さい方のステンレススケールです。

クリックすると元のサイズで表示します
コレはこれで

クリックすると元のサイズで表示します
なんとかなります。

クリックすると元のサイズで表示します
換算

クリックすると元のサイズで表示します
セキ

クリックすると元のサイズで表示します
『6』じゃなかった「9」

クリックすると元のサイズで表示します
1を加えて「19」

クリックすると元のサイズで表示します
いうことを聞かなくて往生します。 細いマスキングテープで吊り上げます。

クリックすると元のサイズで表示します
自重

クリックすると元のサイズで表示します
荷重

クリックすると元のサイズで表示します
セキ19インレタ完了

クリックすると元のサイズで表示します
セキ1「B」タイプに取り掛かります。

「A」より広々してます。

クリックすると元のサイズで表示します
小さい検査表記から転写します。

クリックすると元のサイズで表示します
地裁法からやるのは正解でしたが、大きい方で苦労しました。

面倒なので省略。

クリックすると元のサイズで表示します
ルービスの#1(細い方)が疲れてしまってもうダメです。 予備が発見できず真ん中のものを使います。

クリックすると元のサイズで表示します
“XURON“スイス製です。 静電気防止を謳っていますが、ルービスの方がマシなくらいです。

クリックすると元のサイズで表示します
インレタ(と言ってもクロマチックですが)の上にメンディングテープを重ねるスタイルに大変な苦労をします。

クリックすると元のサイズで表示します
換算

クリックすると元のサイズで表示します
セキ 広々しています。

クリックすると元のサイズで表示します
ワールド工芸“ヨ8042“の42をもらってきてセキ42にします。

クリックすると元のサイズで表示します
国鉄としては正しい文字間隔ですが、国鉄のお下がりを改番して使う私鉄っぽい雰囲気が出なくなります。

クリックすると元のサイズで表示します
せっかくの続き文字ですが2回に分けて文字間隔を広げて転写します。

クリックすると元のサイズで表示します
斜めの補強アングルが立ち上がっているとずいぶん楽です。

クリックすると元のサイズで表示します
片面終了

クリックすると元のサイズで表示します
反対側

クリックすると元のサイズで表示します
「4」はFABのインレタからです。

クリックすると元のサイズで表示します
『4』に保護カバーをして「2」を転写。

検査表記などはもう終わっています。

クリックすると元のサイズで表示します
自重

クリックすると元のサイズで表示します
荷重

クリックすると元のサイズで表示します
セキ42 インレタ貼り終了です。









この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ