2021/10/19

DR電機BR211  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
プラスチックの鉄道模型はやはり汚してこそかと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
エアブラシや分解を全くせずに汚してますので偉そうなことは言えませんが。

クリックすると元のサイズで表示します
粉物で汚して居ますが、パンタの下などはエナメル塗料で刷毛で塗っています。

クリックすると元のサイズで表示します
ただ、汚していない側面との境界線は「面倒くさい」ところです。

クリックすると元のサイズで表示します
実際の東ドイツの車両は、車体にも相当ウェザリングが効いて居ました。

ブログネタ的にはほぼ尽きてきたのですが、本来の今の仕事になかなか入れて居ません。

宴会がびっしり入ってきています。 週3〜4回です。

これは拙い。

少し宴会を規制する方向に動きます。







この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ