2019/5/26

リターンクランクの取付棒  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
偏心棒を作っています。

クリックすると元のサイズで表示します
失敗! 全部やり直しです。

クリックすると元のサイズで表示します
やり直し、此処で油壺収納部を表現しようと糸鋸で切れ目を入れようとしましたが、小さくて見えず、見当外れの位置に切れ目が入ってしまっていたので止めます。

止めて其処を削り落として進行します。

クリックすると元のサイズで表示します
何とかなりました。

上は先ほど失敗したものです。

何とか出来た原因は丸いヤスリを使わず、喉の部分の丸いところも平ヤスリで上からズラしながら削ることでした。

クリックすると元のサイズで表示します
リターンクランクはIMONの9600用を使います。

その取付棒(ビス?)がなかなか難しいのです。

元のパーツの寸法を見るために写真に撮って、それに合わせて作ります。

クリックすると元のサイズで表示します
ニッケルメッキの1.4mmビスを探してきました。 内径1.2mm外径1.5mmの細密パイプに1.4mmのタップを切ります。

タップ「中」ではなく、「先」だったかが有ったのでそれで切ってから「中」を使います。 この写真で取り付けられているのが「先」で手前が「中」です。

クリックすると元のサイズで表示します
タップを切った細密パイプ(スジ入りになりました)と使おうとしているM1.4ビス

クリックすると元のサイズで表示します
ビスをねじ込んで頭寄りの終端部でレールカッティングニッパーで切ります。

クリックすると元のサイズで表示します
エコー細密パイプ内径1.5mm外径1.8mmを4.5mmほどの長さに切りねじ切り付を差し込んだところです。

手前は1mm径の真鍮棒を内径1.0mm、外径1.5mmのエコーパーツに刺したものです。

クリックすると元のサイズで表示します
ハンダ付けして出来上がったところです。

IMONのリターンクランクをワムの動輪に使うにはコレしか思いつきませんでした、

リターンクランクを填めてみて、現物合わせで1mm真鍮線の長さを切り落として仕上げする作戦です。

ちょっと余りに楽しい宴会に乱入してしまったので今日は此処でギヴアップです。




2019/5/25

偏心棒製作開始  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
加減リンクにディティールのボルトを付けます。

材料の寸法のせいで加減リンクはほんの少し幅が足りません。

そこで、気にしたのはボルトを外側に寄せて付けることです。

穴径は0.35mmかなと思いましたが、ここは0.3mmで外側に寄せて付けときます。

(帰宅後作業だけで終わらせようという魂胆です)

クリックすると元のサイズで表示します
それらしくなりました。

クリックすると元のサイズで表示します
偏心棒取付用の穴はM1.0のタップが切ってあります。

クリックすると元のサイズで表示します
さて、テキトー作業ですがその偏心棒の削りに掛かりました。

悩みは、会社での日中の用事が多すぎて全く間に合っていないのです。 それが色々なイベントがブログ上すっぽかされている原因です。 とんでもないどつぼに嵌まった4110をやるべきか?会社に行って仕事を進めるべきか・・・





2019/5/23

加減リンク製作開始  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
コネクチングロッドだけでも取り付けます。

クリックすると元のサイズで表示します
紛失したのはリターンクランクを含む第三動輪のロッド取付部、偏心棒、加減リンクです。

IMON9600キットのそれらのパーツを確認してみます。 姿が似ている事が想像されたからです。

そこで判った事は

リターンクランク;似ている

ねじ込み軸径;IMON=1.5mm、4110=1.6mm(ロッドは1.8mmに対応)

ねじ込みネジ寸法;IMON=M1.2、4110=M1.4
この時点でアウト

偏心棒長さ;9600の方がずっと長い

加減リンク;形状が違う

するとリターンクランクだけが僅かに利用可能です。 他はNG!

クリックすると元のサイズで表示します
加減リンクを有りもの材料で作る事にします。

クリックすると元のサイズで表示します
ハンダ付け後は削り難い処だけヤスってからハンダ付け

クリックすると元のサイズで表示します
万力に挟んでヤスります。

クリックすると元のサイズで表示します
こんな形になりました。 即席にしてはまあまあ!

もう一回作り直したらずっと綺麗なものが出来るかもしれませんが面倒くさい!です。

手前のネジはIMON9600に使われている六角頭のネジ、

頭は1.2

ネジはM1.0

段の部分は径1.1mmです。

予備品は入っていませんが、無くしたと思って取り寄せたら出てきたのです。

クリックすると元のサイズで表示します
今日は穴の位置だけ出して終りです。

角棒は孔開け用支え、1mm角棒です。 位置決めドリルは0.5mmです。








teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ