2020/8/9

インレタ転写について  鉄道模型

転写(インレタ貼り)について、まず今更ながらの書き込みします。

インレタ(インスタントレタリング)という言葉は“レトラセット“という会社の登録商標だったと思います。
でも今更転写シートとか言った処で「どうでも良い」事なので無視して「インレタ」と書きます。

クリックすると元のサイズで表示します
40年以上前に発売された最初の市販汎用インレタ“ISAMIYA SPECIAL“
思い出しました!“いさみや“はちゃんと“レトラセット“に注文して作っているのでした。 ホンモノです。

さて
我々が使う「インレタ」には「クロマチック」と「クロマチック以外」の2種類があります。

クリックすると元のサイズで表示します
クロマチックのL−005とそうではないL−004

IMON製品のインレタ(1/80と1/87の両方で同じ内容のものが発売されています)の多くはクロマチックです。 L-004とL-804は「クロマチック」ではありません。 それ以外の20種類ほどは「クロマチック」です。

そもそもIMONでインレタを発売したのは、16番世界の標準だったエンドウのインレタがあまりにも転写できないインレタだったのでそれに代わるものを考えました。

「クロマチック」と「クロマチック以外」は一見姿は似ていますが、転写する方法や注意点、失敗した時の感じなど似て非なるものです。
以下にその対比を解説します。


(1)クロマチック以外のインレタ
強く擦って転写します。
例;いさみや エンドウ KATO トミーテック レボリューションファクトリー等
この中でKATO製品は特に優秀で強く擦らなくても転写できます。 逆に極端に出来が悪いのはかつてのエンドウの分売インレタです。(転写は不可能に近い)
逆にエンドウ製品に付属してくるインレタは優秀です。

クリックすると元のサイズで表示します
クロマチックじゃないのに簡単に転写できる驚きのKATOと「並」のTOMIX

半透明なフィルム台紙が筆圧で反り返るまで擦るのが常道です。(KATOのは反り返らず快適に転写できます)

失敗したときは爪で擦りますが、割合素直に撤去できます。

このインレタ製品は大量生産を必要とします。

大量に作った場合は面積当たりの原価はうんと低くなります。


(2)クロマチック
優しく擦って転写します。
強く擦ると文字が変形します。
「クロマチック以外」が固体インレタだとするとこれは「液体インレタ」じゃないかとイモンは思っています。
例;くろま屋. IMON. ワールド工芸

クリックすると元のサイズで表示します
クロマチックの例、ワールド工芸、IMON、そして左上はモデルワーゲン、右はPEMP20系です。

失敗したとき、爪で擦って取ろうとしますが、なかなか綺麗に取れません。 液体です、しつこく食いつきます。

クリックすると元のサイズで表示します
最悪こんな風に食いついて残ってしまいます。

クリックすると元のサイズで表示します
そんなときの頼りはレールクリーナーとキムワイプです。

古くなっても風邪をひきにくいです。そこは液体っぽくない。

クロマチックは量産効果が低く、少量生産に強いです。
(特注も可能・・・くろま屋さんなど)

細かい文字も綺麗に転写できます。
(クロマチック以外のインレタは細い文字は転写し辛い・・・・じっさい転写できないことが多い)


(共通)転写時の注意
* IMONハイテククロス(その実態はメガネ拭きの最高グレード)で転写位置と周辺を擦る。
(IMONハイテククロスは超細密織物で表面にシリコンなど付いていないです。眼鏡レンズを完璧な透過性に上げる為に目に見えない汚れまで拭き取ります)
* 他の文字と切り離して、文字を転写位置に正確にしっかり固定する。
* 筆圧を適正にしながら上下左右に転写ペンを動かしますが、できるだけ上下左右に動かす力が文字にかからない様に筆圧を意識しながら上から押さえる感じ。
* 転写し終わったら「ネームランド」「テプラ」等の貼り終わった後の台紙を転写した文字の上に載せてシャープペンなどで上から擦って定着!
* 失敗したら爪で取り去る。 白い残骸などが残って綺麗に拭き取れない場合はKATOなどの「レールクリーニング液」を「キムワイプ」に染み込ませて、ルービスなどの細い強いピンセットで上手に掴んで拭き取る。
(綺麗に、完璧に拭き取ることが可能です)
*思いつきで言いますが、転写が成功したらシリコンクロスで軽く擦ってやると引っかかって外れてしまう事が減る様な気がします。
*勿論、ラッカーやアクリル系塗料でオーバーコートできればそれが一番です。その場合は絶対シリコンクロスはNGですね。

クリックすると元のサイズで表示します
転写後、全てのインレタ類はこのネームランドやアルミテープなどの使い終わりの台紙の接着面側=究極のツルツル面をレタリングの上に持って来て上からシャープペンシルなどで擦って強く固着させます。

細い文字、細かい文字が転写できる点から言ってクロマチックが優っています。

ただ、白の強さはクロマチック以外の方が優れているかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します
この画像で南テシはクロマではないインレタ
ATS表記と定員はクロマチックです。



2020/8/8

今日もギブアップ  健康

iPadからの不満な画像ですが。疲れてギブアップです
ごめんなさい
写真を無駄にしないため書きません。

2020/8/7

上田丸子電鉄 モハ2322  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
写真一番上は先日渋谷店委託品を購入した上田丸子電鉄モハ2322です。

それらしくするには何も無かったインレタを入れるしかないと考えて「福島交通」「静鉄秋葉線」の時についでに頼んだのが「上田丸子電鉄」のインレタです。
いや、実は「上田丸子」を頼むついでに「福島交通」「秋葉線」を頼んだのかもしれません。 記憶が混乱。

ともかく奥がモハ2322です。 同形で奇数車の2321は

一番手前がFABキットを林工房組立、インレタとフィニッシュが井門義博の「モハ二4251」

真ん中は、FABキットベースIMON特製品「モハニ4253」です。

林工房組立品をイモンが仕上げている頃はIMON特製品は存在せず、IMON特製品が売られたのはその2〜3年後です。

クリックすると元のサイズで表示します
これが上田丸子電鉄関係では、工房に最後に残っていたインレタです。

こんなスグレモノが作られて存在したのですね。 作ったのはFABさんなのかもしれません。

でも使い掛けで傷んでいる部分もあります。 注意して転写しなくてはなりません。

クリックすると元のサイズで表示します
「2322」はそっちのけでモハ4251に上田丸子のマークを転写。

クリックすると元のサイズで表示します
インレタが傷んでいたのか?私のやり方がお粗末だったのか?転写できなかった部分があり、そこは#000の筆で書き足して何とか仕上げます。

クリックすると元のサイズで表示します
上田丸子のマークがあるからには元気を出して2322も取りかかります。

クリックすると元のサイズで表示します
「ナハフ112022」の2022を使います。

クリックすると元のサイズで表示します
アレッツ!これは大失敗、 真ん中は此処では無かった。

クリックすると元のサイズで表示します
気を取り直してもう一回

クリックすると元のサイズで表示します
ナハフ112022を使って

クリックすると元のサイズで表示します
何とか格好つきました「

クリックすると元のサイズで表示します
「モハ5250」にも触ります

クリックすると元のサイズで表示します
とっても難しい転写でした

クリックすると元のサイズで表示します
この電車の定員は100名というのがわかりました。







teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ