2022/4/23

4月22日  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
お遊びで「乗務員室」を客室側からのドアに入れてしまいます。

トンボはシンナーで落とせると踏んだのですが、その通りでした。

クリックすると元のサイズで表示します
ドアハンドルを作っています。

クリックすると元のサイズで表示します
こんな感じです。 実は先ほどのは運転士側、これは助士席側でした。

クリックすると元のサイズで表示します
ヘッドライトの中にLEDをセットしました。

クリックすると元のサイズで表示します
遮光塗料で穴を塞いだところです。

クリックすると元のサイズで表示します
3508の此処は屋根板の中に折れたドリルの歯が埋まっている難所でした。

クリックすると元のサイズで表示します
TAMIYAパテに黒と黄土色をわずかに足して流し込みます。

クリックすると元のサイズで表示します
電子部品用フラックス試してみます。

クリックすると元のサイズで表示します
いさみやのホルダーが入った水筆にそっくりな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します
実は結果芳しくなく、ペーストのおせわになりました。

クリックすると元のサイズで表示します
3507と同じように二枚のメンディングテープで挟んで保護します。

クリックすると元のサイズで表示します
動力台車の終電ブラシ、マクラバリの下側に固定するIMONの集電ブラシ。

クリックすると元のサイズで表示します
点灯試験ヘッドライト

クリックすると元のサイズで表示します
点灯試験テールライト

クリックすると元のサイズで表示します
テールライトのLEDをアルテコの瞬着で固定。

クリックすると元のサイズで表示します
遮光塗料を大袈裟に塗ります。 この後も塗り重ねました。

クリックすると元のサイズで表示します
パネルライトも載せました。

厳しい時間との戦いです。







teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ