2020/11/20

Regierungszug Lok  鉄道模型

体調をUPさせながらの作業です。

クリックすると元のサイズで表示します
パーツと機関車の泣き別れになっていた“Regierungszug Lok“政府専用列車牽引機を仕上げにかかります。

東独の国旗とソ連なのか真っ赤な赤旗なのか?取り付けなくてはなりません。

頭のもげたセフを置いておいてこれをやっつけます。

クリックすると元のサイズで表示します
面倒くさくて考えるのが嫌だった透明なパーツは、ヘッドライトではなく(予備のヘッドライトレンズかと思っていました)バタフライスクリーンと言うかウィンドスクリーンでした。

取付はゴム系クリアです。

クリックすると元のサイズで表示します
東独の国旗良いですね。

クリックすると元のサイズで表示します
TG~6で形式写真撮っておきます。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらサイド、まずはTG~6深度合成なし

クリックすると元のサイズで表示します
深度合成の画像です。 だんだんダメになっていくTG~6

クリックすると元のサイズで表示します
カメラをTGー5に切り替えて撮っておきます。

クリックすると元のサイズで表示します
公式側一番前の窓はこんな不良品なのでガッカリです。

クリックすると元のサイズで表示します
公式側もTGー5で撮り直し直します。

118 552−9はこれにて解決。

クリックすると元のサイズで表示します
さて元の貨車汚しへ。 セラに石炭を積むつもりなので底上げの材料を考えた末、塗装の要らない黒いポリスチレンを試してみます。

クリックすると元のサイズで表示します
ガードに黒油性インクでケガキして切っていきます。

結果を言うと、1mm厚のポリスチレンは硬くて石炭車の中に入れられませんでした。 あっさり敗退です。

クリックすると元のサイズで表示します
代わりに次はワイシャツのボール紙を缶スプレーで塗装して切って使おうという考えです。

それは塗装しましたのでセラ本体の仕上げにかかります。

爪ではみ出した赤3号を剥がします。

綺麗に行かないところはドライバーの先でキサゲたり平ヤスリや三角ヤスリで整えます。


今日はここまで。



2020/11/19

体調すぐれずペースダウン  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
更に1日乾かして組み立てや袋詰めにかかります。 TG~6です。 こういう被写体の深度合成に特化したカメラだと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
こんな感じです。 黒の墨入れだけで仕上げる作戦でした。

極力明るい汚れ色に塗って墨入れで終わるはずが、エナメル「レッドブラウン」の色差しが効果的なのでそれもやって、更にエナメルを守るためにクリヤラッカーのオーバーコートのおまけがついてしまったわけです。

IMONカプラーは機能性パーツなのでやはり塗装をしない方が動きが良いです。

今の結論的には、
@ 塗装なしで組み上げて
A エア抜き表現部分とナックル先端部にレッドブラウンの色差し
B そのままオーバーコート
が良さそうです。
可動部分にラッカーが被らないからです。

クリックすると元のサイズで表示します
机の前端面は切ったり剥がしたりしたマスキングテープの破片が集積しています。

クリックすると元のサイズで表示します
組立です

クリックすると元のサイズで表示します
組み立てました。

クリックすると元のサイズで表示します
炭庫内塗装を終わった各車チェックします。

はみ出し部分をヤスリやキサゲで取り、ハゲを常温黒染剤で黒くしてからエナメルでタッチアップして汚れ吹き付けに進みますが、今回は吹き付けが届き難い部分に粉の汚れをつけてからやってみるつもりです。

クリックすると元のサイズで表示します
1台だけですがセフが厄介です。 窓セル剥がして吹くこと、室内灯テールライト点灯化改造の誘惑を断つこと。
(点灯ならボタン電池・だけどLEDやCRDの類を捜索するのが困難の極みです)






2020/11/18

六十数個の連結器のフィニッシュ  鉄道模型

IMONカプラーHO−101を組立前に塗装しました。

第一陣も本格的に運用してはいないですが、同様に進行中の第二陣20個については最初から色差ししてしまえ!という考えで行っております。

クリックすると元のサイズで表示します
第二陣に色差しした姿です。 TGー5で撮影→深度合成です。

クリックすると元のサイズで表示します
こういうシーンでは滅法強いTGー6の登場、これは最初の一枚です。 少しずつピントを変えながら
撮って合成してくれるのがオリンパスのタフシリーズの芸です。

クリックすると元のサイズで表示します
TG~6の深度合成は実に見事です。

ただ、欠点が大きく浮き彫りになって・・・

クリックすると元のサイズで表示します
先行する「101F」第一陣にも色差しをしてしまうことにします

クリックすると元のサイズで表示します
結局さらにこれら全てにオーバーコートをすることにしました。

クリックすると元のサイズで表示します
魚のを乗せて焼く網の四周に配置して塗ります。

この塗りが甘かった
注意深く調合したつもりですが艶が出てしまっています

今果てまで乾け!と放り出しています。

恐るべき修行!

ここのところ何をやってもうまく行かないです、








teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ