2020/6/22

父の日ですね  

クリックすると元のサイズで表示します
今日の散歩は昨日の縮小板、こどもの城を起点は同じですが、その公開空地から始め、青山通り、表参道、明治通り、宮益坂、青山通りに一度も出る事なく出来るだけ大回りで一周してこどもの城へ帰るという裏路地ツアーです。

一人で歩く散歩仲間がずいぶん見られます。

クリックすると元のサイズで表示します
日曜のオーバルビル裏手は人気が少ないです。 時折晴れます。 今年も期待外れ、から梅雨で多く降らないので首都圏(つまり関東地方)のダムの水位が心配になります、

クリックすると元のサイズで表示します
この通路を通り事によって青山通りに出ないで行けることからこのツアーを発想しました。

クリックすると元のサイズで表示します
人も車も猛烈な交通量の凄い路地、名前は知らないです。 花の館通り?

クリックすると元のサイズで表示します
ここもこんな通路を通るので表参道に出る事なく裏を行けます。

クリックすると元のサイズで表示します
キャットストリートを突き抜けていきます。 この後IMON原宿ビルの裏手をすり抜けます。

クリックすると元のサイズで表示します
裏の裏を行きます。 不思議な世界。

クリックすると元のサイズで表示します
この通りは明治通りとキャットストリートの間を行く路地です。

クリックすると元のサイズで表示します
人混みと住宅が交錯する街です。

クリックすると元のサイズで表示します
キャットストリートを抜けて明治通りに出る50m手前、渋谷学園渋谷校を過ぎてから左に折れて裏に抜けます。

集合住宅の廃墟の様なものが建っています。 この急坂を登って右折します。 仮の通り名“美竹公園通り”

クリックすると元のサイズで表示します
“美竹通り“を突き抜けると渋谷の裏の路地群へ縫っていきます。

クリックすると元のサイズで表示します
再び美竹通りを突き抜けます。 左手前の角は“クア・アイナ”です。

クリックすると元のサイズで表示します
こどもの城に突き当たる寸前、“CRISTA“を見にいきます。 お店が年中変わるので行きにくいのですが、なにぶん我家に一番近いレストランの1つですから心配です。

クリックすると元のサイズで表示します
今日のコースは5199歩、昨日の大回りは5296歩ですから幾らも変わらない歩数でした。 ややこういう予想もしていましたが、まさかここまで同じ様な距離だったとは!

クリックすると元のサイズで表示します
今日は「父の日」という事で息子じゃなくて父でしかない私はプレゼントをもらいました。

“ガーミン”の「VENU」(ヴニュ?でしょうか)

無駄にならない様に頑張る対象が増えました。

今日は猛烈な忙しさで模型撮影ができませんでした。 う〜〜ん。




2020/4/22

初めての散歩  

例えば撮影地でなら、
湧網線境橋あたりとか、ヴァインベーラ北方の丘の上でとか、熱水側第二Ωを見下ろす山の上で散歩は「ある」かもしれません。 
自分が自宅から散歩する日がくるとは思いませんでした。 健康をとり戻す為の一環として今日、正午頃、散歩しました。

その報告の前に解体現場報告です。

クリックすると元のサイズで表示します
昨日午前中

クリックすると元のサイズで表示します
昨日午後

クリックすると元のサイズで表示します
今日の午前、みるみる下がっていきます。

クリックすると元のサイズで表示します
その“TBSハウジング 渋谷“の入口側から散歩開始です。

太陽を浴びた方が良い、という点と、股関節のリハビリです。

クリックすると元のサイズで表示します
こどもの城と国連大学裏の公開空地を行きます。

クリックすると元のサイズで表示します
此処も犬の散歩の人としかスレ違いません。

クリックすると元のサイズで表示します
角を曲がるとオーバルビルと青山通りの方向です。 ツツジが綺麗です。

クリックすると元のサイズで表示します
青山通りからいつも人と車が一杯の一方通行路地も見ながら一本裏を歩きます。

いつも外人さんが一杯の表参道テラスも休業中です。

クリックすると元のサイズで表示します
いつも人と車がいっぱいのウチの前の道もガランとして車も来ません。

ウチの親の散歩に付き合った事は何十返も(何百かな・・・)ありますが、自分にぴったりな散歩コースだった事にびっくりです。
今日歩いたコースはウチの親はあまり来てないと思います。 人がいっぱい歩いているからです。

クリックすると元のサイズで表示します
お昼ごろの眺めです。

だいぶ池が見えてきました。

あの池があるお陰でこの辺りは「野生の王国」みたいになっています。

大きなカエルやザリガニが散歩に来るし、鳥が凄いです。 池は残ると良いなあ!

クリックすると元のサイズで表示します
夕方はこんなでした。

最初に壊された家(ビルという感じでしたが)の跡をボーリングが続いています。

そういえばコロナのことで
今丁度
1万人に一人が感染者です。
実際は何十倍と言いたかったけれどまあ現実的なところで20倍だとして500人に一人が感染者でしょうか。
毎日テレビは手の掛からない少し遅れた情報を垂れ流してイヤになりますが、ドイツの感染症対策はすごいなあと思いました。
メルケルさんが言っていましたが、全国民の半分は感染するのだからその覚悟で!という演説がありました。
今まだ日本は1合目です。
2合目もまだ遠いですよね。
3年と私は言いましたが、経済的な困窮はもっと前に我々に襲い掛かると思います。
まだ少し休んでやり過ごせば良いと考えている人が多いかもしれません。
国家予算全額なのかGDP全部位投入しなければならない程の経済損失がまもなく他ならぬ我々に襲い掛かると思います。
そして、飢餓と暴発する人々の怒り、
海外のニュースが素直に入ってこない恐るべき状況がきっとあると思います。
10年してから実体が徐々に判明とか。
日本のテレビ局も流すべき番組がなくなって来てこれから長い苦しい時期が続くのにお気楽な「良いとこ再放送」に走ってまずいですね。
ますますネットに傾斜するのかもしれません。
社会の分断か。

私の「見当違い」を希望します。




2020/4/20

また長さ 6.4mm の蝶番  

長さ6.4mmの蝶番、やはりとっかりがないのが災いしてうまくつかなかった様なので再チャレンジです

クリックすると元のサイズで表示します
エコーの細密パイプ内径0.7mm外径1.0mmを長さ1.6mmで5個、長さ2.3mmで10個(結果11個)作りました。

クリックすると元のサイズで表示します
そのパイプにそれぞれ真鍮線を芋付けしようと思っていましたが、1.6mmパイプはやめて燐青銅板を丸める方向に舵を切りました。

クリックすると元のサイズで表示します
2.3mmパイプには1.0mmの真鍮線を芋付することにして、凹形にやすれないかやってみましたが、やめることにします。

クリックすると元のサイズで表示します
二本の真鍮線が平行4.0mm間隔で蝶番に垂直に付けられる様にボール紙に固定します。

ヤンキーバイスの鋼鉄パーツが平面を出すのに活躍。

クリックすると元のサイズで表示します
ベークブロック最小を使って押し当てながらハンダを流します。

クリックすると元のサイズで表示します
ハンダを流した側(少しキサゲ刷毛使用)と丸めた燐青銅板幅1.5mm厚み0.15mm

クリックすると元のサイズで表示します
これは裏側

クリックすると元のサイズで表示します
どちらも黒染めして

クリックすると元のサイズで表示します
組み立てました。

蝶番に対して取付部がゴツいものになってしまってまた使えるかどうか・・・

私は頭が硬いなあと思います。

真鍮線をU字形に曲げたものと燐青銅線を丸めたものだけでももっと気の利いたものができそうですね。

ところで体調は良くないです。残念。25%かな。








teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ