2016/9/22

大きなボラティリティー  健康

コレは昨夜のグラフです。

実は、モッツァレラチーズ専門店のレポート中に全文が一瞬で消えてしまいがっかりしてこちらを書くことにします。

クリックすると元のサイズで表示します
1kg増えました。 それがこの程度ということは最近の上下が大きいのです。

クリックすると元のサイズで表示します
そういう上下変動の大きい状態をボラティリティーが大きいと言います。

クリックすると元のサイズで表示します
夏、集通、じゃなくて集中する宴会に押されて上がってきた体重が収まりつつあるのが昨今の情勢です。

月火水木金土日月火水木金土の13日連続宴会というのも有りました。

食欲の秋を迎えるに当り闘志を磨いているところです。




2016/3/13

魚の蒸し物、宴会続き  健康

クリックすると元のサイズで表示します
海鮮料理の華、魚の蒸し物です。

パンダレストランの今月からのお奨め料理のひとつです。

パンダは広東料理ですからこれは得意中の得意です。

クリックすると元のサイズで表示します
日によって入手できた一番「広東風魚の蒸し物」に向く魚を買って来ますのでイシモチやクロソイなど多少種類が変わります。

これはクロソイ

(香港で食べるガルーパと違って)安いものですから是非一度お試しください。 食べないと損します。

http://www.hkpost.com.hk/index2.php?id=6217#.VuRDEJVf1LM

白ご飯(←発注できます)に汁を掛けて食べたら最高!

クリックすると元のサイズで表示します
パンダと言えばパンダ号、今日は特別養護老人ホームの評議員会、理事会です。

クリックすると元のサイズで表示します
大きな車ですが健常者が座るスペースは僅かです。

クリックすると元のサイズで表示します
車いすが1台畳んで搭載されていました。(車は2台搭載型)

クリックすると元のサイズで表示します
理事会

クリックすると元のサイズで表示します
そして

クリックすると元のサイズで表示します
年に2度のウナギです。

今日はまた特に美味しいと思いました。

クリックすると元のサイズで表示します
特養ホーム“ウェル江戸川”は優良防火対象物認定証を獲得いたしました。

大勢の消防関係者による厳しい審査を受けて認定を受けたのはスタッフによる努力の賜物です。

http://www.tfd.metro.tokyo.jp/hp-sasatuka/yuryobouka1807.html

クリックすると元のサイズで表示します
さて、モンスターステーキで減量は勢いに乗って2日後には90s割れ目前まで来ましたが、今週は火、水、木、金、土と連続宴会で相変わらず苦戦が続いています。

クリックすると元のサイズで表示します
今年に入ってからまだ一度も80キロ台を出していません。

来週半ばからの1週間にラグビー部関係の様々な宴会が4つ(そのうち3回はパンダ)入って居る事も有って苦戦は続きそうです。 しかもその途中に“たぬき”が1回、函館遠征が1回入って居ます。

飲まない日は無いというのに近いです。

「時間は無い、模型は進まない」という地獄が来週も待っています。






2016/2/15

近況報告  健康

会社に居る時、蒸機画像の整理などで全く時間が作れずブログ不活発を極めてしまっています。 「今年は真面目に仕事しようかな」の思いはどこへやら・・・笑うしかない状況が続いています。

仕方が無いので「自宅・夜中」で可能な書き込みを少し致します。(自宅も多忙で投稿は1日半後会社でした)

クリックすると元のサイズで表示します
今日は夕食は外食しました。

クリックすると元のサイズで表示します
サラダ一杯

クリックすると元のサイズで表示します 竜之助不在
残った家族でタパスタパスへ行きました。

http://www.tapas-tapas.com/

クリックすると元のサイズで表示します
牛肉

クリックすると元のサイズで表示します
カルボナーラ

クリックすると元のサイズで表示します
実は苦しみながらも徐々に減量の流れに戻りつつあります。

一番高い山は実は銚子です。

なにせ減量の敵は「お酒」です。
「食べ過ぎ」や「大食いショー」の類の数倍効くのが「お酒」です。

クリックすると元のサイズで表示します
年間の表が出なくなったのは、この様に新年から新ダイヤに移行してしまったからです。

新年になって以来一度も接近できていなかった80キロ台に今日ようやく手が届きそうなところに近付いています。

クリックすると元のサイズで表示します
今日、ようやく手から離せそうになってきた急行〔彗 星〕の編成です。

(これは編成前半、後半はIMONナハネ10発売待ちです)

クリックすると元のサイズで表示します
ストロボを焚いてみると車内が少しだけ覗けます。

一番上のマユ35は仮に置いた状態です。

ヴェスターヴィーゼ製品、組立が雑(←組立人の目が見えていない様です)なのでインレタも「ほどほどの熱心さ」で入れてあります。

http://westerwiese.com/products/p35/p35.html

このマユ35は急行〔西 海〕の下り寄りに連結する予定の車です。

〔彗 星〕の下り寄りは荷物客車ですが適切な荷物車入手できていません。

また、他の客車はモデルワム製品の室内灯と台車をIMON製品に交換したモノです。 マロネ41の室内塗装は本来淡緑らしいですがそのままです。 ワム製品として楽しめば良い・・・FABのマロネ41は0番台が足りなくて

〔彗 星〕は日本の列車史上に指折り数える豪華列車の中のひとつです。

指折りは

*【富 士】(昭和9年までの1、2等特急)

*17/18列車 (戦前)(名士列車と呼ばれた一二等急行;愛称名無し)

*〔彗 星〕(昭和30年代)(東京〜大阪間寝台急行)

*【つばめ】【こだま】(クロ151が登場した昭和35年の編成)

*【あさかぜ】(昭和47年〜50年)

*【北斗星】(オール個室時代のJR北海道編成)

*【トワイライトエクスプレス】

*【カシオペア】

かな、と思います。
進駐軍専用列車やその直後の列車は「嫌悪感」で却下です。






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ