2019/8/13

口を開けた顔のシーネンツエッペリン  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
RS-09をKATOのNゲージの箱に入れてみるとこんな大きさです。 この大きさが最低の箱かなぁ。

クリックすると元のサイズで表示します
現時点での重量です。

クリックすると元のサイズで表示します
こちら、カツミの1000形新幹線試験電車A編成から取り外したライト点灯ユニットの重量です。

クリックすると元のサイズで表示します
現時点のシーネンツエッペリンの重量。

クリックすると元のサイズで表示します
軽そうなウェイト計ってみます。33g、25g

クリックすると元のサイズで表示します
そして17g

目方が欲しいのは前頭部、車体下に入り込もうとする空気に車体の軽さが負けそうな感じなのです。

クリックすると元のサイズで表示します
1mm真鍮板から作る作戦を考えます。

クリックすると元のサイズで表示します
僅か6gですが

クリックすると元のサイズで表示します
切り抜いて、傷が行かないようにヤスって

クリックすると元のサイズで表示します
この気味の悪い前頭部の空気の流れを変えられるかと

クリックすると元のサイズで表示します
こんなふうに設置して見ました。

RS-07、RS-08、RS-09(コレは新車ですが)ともに去年よりは戦闘力が高い状態に持っていくことができました。



2019/8/12

なんとか姿を現しました  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
組立中です。

クリックすると元のサイズで表示します
必要最低限の姿が現れました。

クリックすると元のサイズで表示します
N700系のカバーは有りますが、これに空力パーツを付けてレタリングを施す1970年代のRSー02、RSー03のスタイルに持ってこようかと感じています。

クリックすると元のサイズで表示します
空力パーツの材料は模型に使った廃物真鍮破片です。

クリックすると元のサイズで表示します
正面のものは出来ました。

実は丁寧に黒染めしてすでに取り付け済みですが写真が有りません。

レタリングをどうするかが問題です。

有るとすれば本当に40年前のレタリングと云う驚くべきもの・・・ないと思いますので何か方策を考えます。

試走してみました・・・37センチですが。 静かです。



2019/8/9

スピコンコース試運転  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
ART FACTORY 城南島で新調したスピコンコースの試験が行われました。

アルミチャンネルはまだ新品なので青い保護シールを被っています。 当日は綺麗な銀色のコースがお目見えします。

クリックすると元のサイズで表示します
斜めに使って35m程のコースを作り、本番に備えテストします。

イモンのまだまだ怪しい走行性能のマシンではなく江川さんから贈られたJAM高速試験車が大活躍します。

クリックすると元のサイズで表示します
試験を終え2m毎に分解されて片付けます。

アルミのチャンネルですが分厚いので結構な重さです。

クリックすると元のサイズで表示します
今回も同じ精度で計測します。

1/100秒の精度での発表となりますが、100万分の1秒差の優劣判定をいたします。 ほんまかいな・・・でも同一計測結果を許すまじという熱意は判って貰いたいところです。 1/100000秒には自信を持っているのかなと思います。






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ