2018/6/29

おもちゃの機関車  海外蒸機

クリックすると元のサイズで表示します
鉄道趣味の大先輩から凄い頂き物をしました。

鉄道おもちゃ、

大きさはルーペとボールペンを横に置いています。 割合小さいモノです。

クリックすると元のサイズで表示します
箱の絵とは違う中身。

中国蒸機前進です。

クリックすると元のサイズで表示します
緑色。

面白い、かつ鋭い緑色。

HOスケール!まさにそんな感じ!

クリックすると元のサイズで表示します
右側シリンダーに電池のON/OFFスイッチとしてのPETのフリップが付いています。

先輪は付いていませんが妙にリアルな外観。

コンパクトなパッケージの中からBIGな機関車が登場です。

クリックすると元のサイズで表示します
素晴らしい、なかなかに凄い並々ならぬ造りです。

クリックすると元のサイズで表示します
テンダーが凄い! これは復水式か?

クリックすると元のサイズで表示します
この模型は(おもちゃじゃないかも)こんなメーカーの製品です。

さて、こんなテンダーは目にしたことがあります。

手持ちの資料の中に発見しました!

クリックすると元のサイズで表示します
この写真集です。

クリックすると元のサイズで表示します
中国蒸汽机車世紀写真集

21世紀の初年、2001年の発刊です。

重くて分厚い写真集、288元(4000円位)です。

クリックすると元のサイズで表示します
QJ前進U形0001号でした。

解説を見て意味を以下のように解釈しました。

大同機関車工場で、QJ形蒸気機関車をガスパワー機関車に試作改造を1981年に開始、6年後の1986年9月にこの試作「ガスパワー機関車」が完成しました。
そして試験走行が成功裏に進行していたようです。
しかし、
その時既に将来の鉄道の主力動力車をディーゼル機関車と電気機関車にしていくことが決定されていました。
そのため試作ガスパワー機関車開発プロジェクトは継続されなかったということです。


電池の接触を回復した状態でテンダー後端を下げる力を加えたり、機関車とテンダーを連結するとヘッドライトが点灯、それぞれ違う音のアクションが楽しめます。

また、チョロQとして機能します。


先輪省略のおもちゃにこの難しそうなガスパワーテンダーが付いた理由は謎です。

また「ガスパワー」とはいったい何なのか私には解りません。

ガスタービンとは違う気がします。

タービンではなく発生させたガスでシリンダーを駆動するシステムということでしょうか。

そのチャレンジ魂も良しですが、その凝ったテンダーを作ったチャレンジ(単にもっと簡単で良い事が解らなかった?)魂に拍手!



さて、この前進U形蒸汽機関車について一夜明けて新しい情報が入ってきました。

この前進Uにおいても、過熱蒸汽をシリンダーに送り込んで駆動するのは同じですが、ガス発生装置を使って火室内に燃焼ガスを送り込むモノのようです。

そしておもちゃではなくバックマンのHOモデルが存在することが判りました。

http://www.chinesemodeltrains.com/encyclopedia_qj2.html

中国国鉄、大連機関車工場で1981年QJ 6191 を使って改良実験が始まったようです。実験的な長方形排出器と修正されたブラストパイプ(前進型に時折装備されているギースルエジェクターの事と思われます)、および増大した過熱装置エリア。
QJ2 0001は、鉄道科学の中国アカデミーと連携してデザインされた非常に斬新な機関車であった。普通の前進型の火室にバーナーを設置してそこにテンダーに搭載された石炭ガス化プラントから供給されたガスを吹き込んで燃焼させるというものです。

QJ2はわずか3回の不満足な試運転をしただけで、結局普通の前進型に改造され、1992年にQJ 7291として国鉄から産業に売られたようです。

石炭ガス化プラントを乗せたテンダーは沈陽のパシナの様な青に塗装されて大同蒸汽机車陳列館で見ることが出来そうです。



“Red Devil”開発者として有名なディビッド・ウォーデール(David Wardale)氏が中国前進型改良型開発を実現するために1980年代半ば大同機関車工場で従事していました。テストはGas Producer Combustion Systems (GPCS)を2両の前進型に装備しました。
1両目〈QJ 7036〉は低気圧性GPCSによって再構築された従来機関車で、それは後でオリジナルに復元されて1988年に売られた。
2両目〈QJ 8001〉は新しく従来のGPCSによって築かれた。
QJ 8001はホフホトと包頭の間の数ヶ月に亘ってテストされたましたが1988年中国国鉄の方針はディーゼルおよび電化に方針を転換したようです。

ディビッド・ウォーデール氏は1989年に中国を去ったようです。

http://www.jcoal.or.jp/coaldb/shiryo/other/c3-8.pdf

https://translate.google.com/translate?hl=ja&sl=en&u=https://www.martynbane.co.uk/modernsteam/ldp/gpcs/gpcs-rc.htm&prev=search

https://www.google.com/search?q=Gas+Producer+Combustion+Systems&client=firefox-b&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ved=0ahUKEwj96rz0g_jbAhVIrJQKHfP2Da0QsAQISQ&biw=1536&bih=1399




2018/6/22

40年振り鉄道ファン誌に登場  海外蒸機

クリックすると元のサイズで表示します
鉄道ファンの最新刊です。 (ぜひ買ってください!)

クリックすると元のサイズで表示します

P130〜のヨーロッパ鉄道ア・ラ・カルト“中央ヨーロッパの基幹夜行列車”中村卓之さんの記事に関連していにしえの中央ヨーロッパの基幹夜行列車として使っていただきました。

印刷の具合は「良い感じ」なのですが、スキャンして見たらつぶれ気味でした・・・・私がもっと上手にスキャナーを使いこなすべきみたいです。

クリックすると元のサイズで表示します
最後の一枚、1977-08のD1275【Metropol】メトロポール号です。

カマは 01 2118-6 今も保存機となっている機関車、ワグナーデフを残した原形タイプのなかでも綺麗(←砂箱にバケツを被っていない)な一両でした。

バケペン+150mmF2.8 でシャッター速度は1/125か1/250か・・・

ベーラ〜バインベーラの大築堤カーヴを駆け下ってくるところです。

このD1275メトロポールはドレスデンHbf17:52着、ギラリが狙える列車なので3シーズンに亘って何十日間もこの一枚に賭けて狙ってきた一枚です。

しかし

クリックすると元のサイズで表示します
フランク社“Die Letzten 01-Lokomotiven bei der DR”では使ってもらえなかったという因縁の一枚です。

彼らに写真の選定を一切任せてしまったのがマニア(←日独そう違いは無い)的には間違いだった感じがします。

鉄道ファン、是非買ってください m(_ _)m







2018/3/18

宴会そして写真展訪問・宴会  海外蒸機

クリックすると元のサイズで表示します
湘南“鉄”の会

クリックすると元のサイズで表示します
この日はLSEホームライナー藤沢行最終日でした。

クリックすると元のサイズで表示します
ファンが大勢乗り込んでいました。

クリックすると元のサイズで表示します
紙袋に載せてセルフタイマーを使った記撮です。

クリックすると元のサイズで表示します
品川東口、品川インターシティC棟2F

クリックすると元のサイズで表示します
ニコンミュージアム企画展「Fの時代 広田尚敬」開催中。

クリックすると元のサイズで表示します
広田尚敬さん使用のNikonFと広田先生の当時のメモ

この日企画展連動イベント「広田尚敬トークライブ」がありました。

対談相手は山下修司さんです。

クリックすると元のサイズで表示します
同じ日、同志社大学鉄道研究会OB懇親会が有り、鉄研三田会からも数人乱入致しました。 私もその一人です。

クリックすると元のサイズで表示します
富士フォトサロンで田中 晋さん写真展が有り、その機会に有名中国“鉄”ガイド2名が来日、その時に併せて中国“鉄”大宴会が有りました。

クリックすると元のサイズで表示します
広田尚敬先生がサプライズゲストとして来られて大集合写真です。

中鉄宴会の顔・阪上晶貴さんは仕事で欠席です。

クリックすると元のサイズで表示します
富士フォトサロンを訪ねました。

クリックすると元のサイズで表示します

http://fujifilmsquare.jp/photosalon/tokyo/s2/18031602.html

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
郷ひろみさん、笑福亭鶴瓶、左とん平さんです。

https://middle-edge.jp/articles/6HQCt

クリックすると元のサイズで表示します
冗談はさておき、スチル写真に真正面から取り組む姿は素晴らしいです。

大勢のお客様で大盛況。 何よりです。






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ