2019/6/30

屋鋪 要さん還暦 私の体重は爆発  国鉄時代

クリックすると元のサイズで表示します
鉄道趣味仲間、特に蒸機を愛する仲間で運転会と屋鋪さんの還暦祝いの会が行われました。

オデコの絆創膏はレイアウトの下に潜り込んで不覚にもぶつけてしまった名誉の負傷です。

クリックすると元のサイズで表示します
若々しい屋鋪さんでも「還暦」はやってきてしまうのです。

クリックすると元のサイズで表示します
猛烈な宴会月間、最後の1週間はまさに“祭”でした。

クリックすると元のサイズで表示します
1ヶ月

クリックすると元のサイズで表示します
半年

全く大惨事。仕事として以外は外食は全てキャンセルしたいです。




2019/6/3

変調から減量へ  国鉄時代

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
去年に続き明大鉄研OB写真展が飯田橋“GALLERY ZO”で開かれて居り、行ってきました。

行動の遅いイモンなので今日最終日、もう終わってしまっていてすみません!

クリックすると元のサイズで表示します
出展者の皆様が持ち込んだ貴重な資料類がテーブルに閲覧用として広げられており、ヨドバシの懐かしい価格表も有りました。

磐越西線撮影ハンドブックに驚愕でした。

クリックすると元のサイズで表示します
グラフに空きが多いのはその日は強めの宴会で酔いが激しい事を表します。

宴会の有る無しだけでほぼ動いている事が判ると思います。
宴会が無い事によって稼げる幅は僅か
宴会がある事によって翌日での効果は爆発的で有る事が判ると思います。

クリックすると元のサイズで表示します
ここまでの悪い流れ、断ち切りましょう。

何日か前、死刑宣告か?という書き込みをしましたが、死刑を免れる事に全力を尽くそうと思います。




2019/3/8

さようなら夕張線  国鉄時代

こんな簡単に紹介する中身じゃないのですが、模型製作に全力投球なのでお許しください🙇

クリックすると元のサイズで表示します
千歳発10:38、2629Dに待ち合わせて乗車、リリーズのお二人も交えて乾杯です。

クリックすると元のサイズで表示します
その気動車は日高本線仕様“優駿浪漫”号で残念でした。

驚いたのは列車が夕張に到着したときです。

黄色いハンカチを手に「お帰りなさい!」と迎えてくれたのは“みやさか”の女将さん達でした!

昼、夕の列車を全列車、黄色いハンカチと小さなお土産を手に迎えている!のです!

クリックすると元のサイズで表示します
ホテルシューパロでリリーズのコンサート

クリックすると元のサイズで表示します
「あれから40年」の時と全然変わっていない様に思います。

クリックすると元のサイズで表示します
追分機関区乗務員OBの皆様からまた新しいエピソードを聞かせていただきました。

クリックすると元のサイズで表示します
“みやさか”での二次会です。

クリックすると元のサイズで表示します
ホテル“シューパロ”からの眺め、こちらサイドはまあ少し普通ですが、

クリックすると元のサイズで表示します
反対側は絶句するしかないゴーストタウンです。

クリックすると元のサイズで表示します
リリーズのお二人と清水沢へ、駅前の燕電器商会跡地前に立つ二人。

クリックすると元のサイズで表示します
清水沢駅駅舎内には1週間程前のイベントで訪れた時の書き置き、中央にリリーズのサイン。

クリックすると元のサイズで表示します
注目はこの日3月5日に書き足されたリリーズ作のD51です。

(9600にしては煙突が長いからデコイチだと私は思います)

可愛らしいし、スノープラウらしき表現がなかなか秀逸!

クリックすると元のサイズで表示します
この日はJICCフォトサロンで宮澤孝一さんの写真展が初日を迎え、パーティーが開かれました。

http://www.jcii-cameramuseum.jp/photosalon/photo-exhibition/2019/20190305.html

クリックすると元のサイズで表示します
9600の途中経過を少しお見せします。

台車をキサゲましたがまだ不十分、しかし、完成させるためには切り上げなくては!

クリックすると元のサイズで表示します
テンダー後端梁に取り掛ります。

クリックすると元のサイズで表示します
うわ〜〜大失敗!

芸術祭手前にやった作業は全て数ランク低いレベルですが、これなど4等級くらい低いレベルの仕事です。

メジロのめ次郎さんは、そういう「急ぐ気持ちのあるときは絶対作業してはならない」と言います。

全くその通りだと思います。1ヶ月前、いや3週間でも良いから作業をストップするべきだと思います。 

しかし、どうせ私はこの程度と決めてかかり進めてでっち上げる所存です。

JAMには何台かのスピコンマシン、そして紙成模型塾、そして芸術祭の蒸機と年中締め切りに追われて、うっかり指紋付けたりしながら「一応完成」が私の精一杯と観念しました。







teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ