2020/12/10

日本蒸気機関車史発売  国鉄時代

クリックすると元のサイズで表示します

高木宏之さんの日本蒸気機関車史が発売されました。

日本蒸気機関車史

これまであった蒸気機関車研究書は 鉄道草創期の明治から戦後に至る発展をたどるもので、 形式数では8割以上が海外からの輸入機で占められていました。

本書は「国産」という観点から、日本国内はもとより中国大陸、 台湾、朝鮮半島、樺太、東南アジア、インド、南米などで海外・外地で活躍した 広狭さまざまな軌間の日本人が作った蒸気機関車を、 発達系譜からとらえた我が国固有の機関車技術史となっており、それを生み出した 技術者たちの実像にも迫ります。

秘蔵写真と豊富な図面・表組みなどを駆使して、複雑な工学的データを咀嚼、 豊かな表現力で解き明かす従来の解説書とは一線を画する内容。写真256点、 竣功図75点、組立図など76点、表組み265点という空前のスケール。

前著『国鉄蒸気機関車史』(ネコ・パブリッシング刊) で第41回交通図書賞奨励賞ならびに2016年島秀雄記念優秀著作賞をW受賞し 多方面から評価の高い著者が世に問う渾身の書です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します 蒸機を愛するすべての人に!是非お手元にこの一冊を!





2020/9/5

こっそり鉄博へ  国鉄時代

常磐線全線再開記念で大宮の鉄道博物館に特別展示がなされ、その展示に協力している私の相方奥井と、今や有名人 大山正さんたちと鉄博に行って来ました。

クリックすると元のサイズで表示します
鉄博、常磐線全通記念特別展会場入口にて。

中は撮影禁止でした。

クリックすると元のサイズで表示します
常磐線展示だけでは無く全体も見ましたが私が気になったのは日本最初の国産機860形の展示でピストン棒がシリンダー中心ではないところに刺さっていることでした、

クリックすると元のサイズで表示します
いつでも見たい機関車C51です。

大宮のC515(一度も東日本で働いた事がない機関車)と、梅小路のC51239(一度も西日本で働いた事がない機関車)をトレードすれば良いのに。

そんな話を聞きますが、私も激しく同意します。

クリックすると元のサイズで表示します
関西地区では多数派だった大鉄デフわざわざカーブしたフロントデッキに平らないたを張り、そこに蝶板で動かせるデフを設置しました。

フロントデッキ側は固定されています。リベットで。

クリックすると元のサイズで表示します
驚きの事実!大鉄デフの後半部はボルト止めで外せば動きます。 バイパス弁や給水加熱装置の整備の時は「大きな後半部」を蝶番で外に開いて行っていた感じです。

クリックすると元のサイズで表示します
キャブ前面は内側に開いたり外側に開いたり。

クリックすると元のサイズで表示します
機関士席が狭苦しく逆転機が回せたのかどうか??

クリックすると元のサイズで表示します
8-17テンダーの初期型でしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します
象徴たるC57135も今の姿を撮っておきます。

こっそり行ったのに荒木文宏副館長に見つかってしまいました。




2019/12/31

第45回6788回  国鉄時代

昭和50年12月24日D51241牽引夕張線夕張→追分6788列車をもって日本国有鉄道の蒸機列車の運行が終了しました。

昭和50年12月24日当日追分の旅館で開催された第一回6788会から翌年からは12月24日という障害の多い日を避けて12月30日開催となって今年第45回となります。

クリックすると元のサイズで表示します
だらだら始まって程々に無理やり乾杯です。

クリックすると元のサイズで表示します
江塚さん初登場、まだ何人か来ていません。 渋谷で降り損なって菊名へ行った人も居ます。

クリックすると元のサイズで表示します
ご家族で遊びに来ていた高橋修さんがお見えです!

クリックすると元のサイズで表示します
再会を喜ぶお二人。

クリックすると元のサイズで表示します
かの有名な“大陸の煙”のお二人はコンビ復活!

クリックすると元のサイズで表示します
敬礼

クリックすると元のサイズで表示します
指差確認







teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ