2018/8/2

鉄子の旅より酷い 北海道旅行1977  国鉄時代

鉄子の旅はご存知でしょうか。

鉄子が旅をする話ではありません。

強引な“乗り鉄”さんに“鉄”ではない女性漫画家が引っ張り回され、恐るべき体験を重ねる話です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%89%84%E5%AD%90%E3%81%AE%E6%97%85

それに類する、いやもっと酷い行いをした息子(←私)の話です。

クリックすると元のサイズで表示します
大間のフェリー乗り場です。 1977年、3月中頃と推測されます。

我家は祖母、父、母、私、弟、妹、従姉妹の7名で構成されていました。

このときの旅行は祖母と弟(高校3年受験生)が留守番、父は仕事で後から追掛けて合流でした。

最初の数日間は当時大学2年生の私が引率者でした。

しかも、旅行そのものが私の計画通り実行されたのです。

記憶があやふやですが、そのときのルート始まりはこんな具合だったと想像されます。

上野→野辺地 【ゆうづる】

野辺地→大湊 大湊線DC

大湊→大畑 大畑線DC

大畑→大間 下北交通バス

大間→函館 東日本フェリー

この写真は東日本フェリーの切符を買いに立ち寄った時と想像されます。

何故ならばこの後写真には大間周辺の海岸線が写っているからです。

クリックすると元のサイズで表示します
大間港です。

かなりへそが曲がったルートで渡道しています。

クリックすると元のサイズで表示します
これは五稜郭です。

カメラは35ミリを持たず6×6のみだった様です。

クリックすると元のサイズで表示します
五稜郭にて、へんてこりんな旅行添乗員に連れ回される可哀想な家族です。

しかし、観光地に連れて行き私は鼻高々だったでしょうね。

(実は観光地は此が唯一なのです)

クリックすると元のサイズで表示します
函館の市電が写っています。

クリックすると元のサイズで表示します
このみぞれ模様の中、家族は私に連れ回されている様ですが、どこに泊まったか記憶が全くありません。

クリックすると元のサイズで表示します
これは函館駅前ですね。

宿泊に記憶が無いということは、無関心だったに違いありません。

つづく・・・







2018/7/1

風間克美さんの「地方私鉄1960年代の回想」出版を祝う会  国鉄時代

宮下洋一さんが発起人となり風間克美さんの本「地方私鉄1960年代の回想」出版を祝う会が開かれました。

クリックすると元のサイズで表示します
会場にPANDAレストランを選んでいただき光栄です。

クリックすると元のサイズで表示します
総員31名地方私鉄を愛好する有名人が勢揃い。 高井薫平さんご挨拶です。

クリックすると元のサイズで表示します
発売元の“電気車研究会”今津直久社長の発声で乾杯です。

クリックすると元のサイズで表示します
終始和やかに楽しい宴が続きます。

クリックすると元のサイズで表示します
制作の“OFFICE NATORI”代表名取紀之さんのご挨拶。

クリックすると元のサイズで表示します
書泉グランデ調べによる鉄道ムック類の売上で上巻、下巻ともにダントツのワンツーフィニッシュ続行中という好調もあって会場は常に笑いに包まれていました。

そう!今の鉄道趣味界も「捨てたもんじゃない」のです!

クリックすると元のサイズで表示します
風間克美さんのご挨拶。

ご本人は数々の「神写真」にもかかわらず謙虚そのものです。

クリックすると元のサイズで表示します
そしてエコーモデルの阿部敏幸さんからも締めの祝辞です!

クリックすると元のサイズで表示します
集合写真です。

クリックすると元のサイズで表示します
3時間後また乾杯!します。

クリックすると元のサイズで表示します
最後になって片付け中です。

歴史的な名作ムック、まだお持ちでない方は是非モデルスIMONでのご購入よろしくお願いいたします。

風間さん!おめでとうございます。

名前と顔をお借りした皆様🙇ごめんなさい!ありがとうございます!






2018/5/29

昭和の鉄道を語る会  国鉄時代

クリックすると元のサイズで表示します
“昭和の鉄道を語る会”が開催されました。

クリックすると元のサイズで表示します
今年は3回目になりますが“曙の間”半分ではなく2階の“鳳凰の間”での開催です。

クリックすると元のサイズで表示します
エレベーターで2階に上がることになります。

クリックすると元のサイズで表示します
明治記念館の奥行の大きさにびっくりします。

クリックすると元のサイズで表示します
発起人紹介と発起人を代表して宮澤孝一さんのご挨拶です。

クリックすると元のサイズで表示します
そして今回の目玉は参加者の皆様に“宮田コレクション”の一部を見ていただく事です。

宮田寛之鉄道ファン名誉編集長は発起人の一人ですが、蒸汽機関車の素晴らしい写真を「バライタ」と言われる保存性の良い昔ながらのプリントで後世に伝えられるように残すという活動をライフワークとして続けています。

この画面左、テーブル上に並べられているのがその「一部」です。

https://kotobank.jp/word/%E3%83%90%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%BF%E7%B4%99-116514

クリックすると元のサイズで表示します
今津直久電気車研究会(鉄道ピクトリアル)社長の発声で乾杯!

クリックすると元のサイズで表示します
今年新棟がOPENとなる鉄道博物館の副館長(館長は交替しますが副館長は会館以来不動です)荒木文宏さんのご挨拶です。

櫻井 寛さんや平井憲太郎さんのご挨拶もありましたがフットワークが無いイモンはいい写真が撮れないので記念写真撮影者(山廣さんと木村さん)にすっかりお任せ状態です。

クリックすると元のサイズで表示します
最後に集合写真撮影です。

イモン個人は先輩方から痛い股関節に対して貴重なアドバイスなどなど頂けたことも嬉しかったです。

明治記念館でのゆったりとした交歓がまた出来ると良いですね。

(竜頭蛇尾でスミマセン)






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ