2019/12/11

渋谷の地図  政治・経済

週刊ダイヤモンド、駅・空港の特集です。 それはなかなか興味深くて良かったのですが、変なものを見てびっくり。

クリックすると元のサイズで表示します
これです。

道玄坂は何処??? 青山通りは何処???

よく見ると地下鉄表現があるせいで目立たなくなっていると言えなくもないのですが、見れば見るほど「酷い」です。

さも立派な通りっぽく見える六本木通り・・・玉川通り(国道246号線)から直進の車線はなんと1車線だけなのが事実です。

何かの地図を参考に書いているのかなと思いますが、筆を執って描いている人自体が渋谷については全く知らないことが露骨にわかる地図です。 細かい道がデタラメに近いし、太い道細い道の表現もめちゃくちゃです。


地図の問題とは別に、渋谷に於いて最近「酷い事」が起こりました。

ビル名です。

余りにも害が大きく、半世紀の間何千万人の人が迷惑を被るビル名です。

“渋谷スクランブルスクエア”

です。
駅からの「ほぼゼロ距離」は同じで全く違う方向に有名なスクランブル交差点があります。

日本人だったら“渋谷スクランブルスクエア”と聞けば馴染みのスクランブル交差点に隣接しているビルだと確信するはずです。ところが、電車から降りた時向く方角が正反対です。

外国人観光客から見たら「?????????」

はっきり言ってこのネーミングは『知能が低過ぎる』ネーミングです。

この名前が如何に「酷いネーミングセンスか!」を10年後には日本の全国民が知ることになると私は確信しています。

今からでも遅くないですから直ぐに名称を変更するべきです。

まず国土交通省と警察庁(両者は不倶戴天の敵同士であるのが本当ですが)がNGを出すべきです。

タクシーの運転手が毎年3回位殴られて一人は死亡、拘置所に置かれる人は5人と見ます。

この名前を放置するなら、内閣も渋谷区も東急電鉄も「低知能なネーミングで人類に甚大な迷惑を掛けた罪」により鞭打ち1億回の刑に処すべきです。

渋谷には数多のスクランブル交差点がありますが、「スクランブル」と言えばあの交差点を指すのだということは日本国民のコンセンサスに近い、そして地元民にとっては財産と言っても過言ではありません。

渋谷には新たな「スクランブル」や「センター街」や「スペイン」は要らないです。

今年の漢字は「呆」が良いですね。 このビル名に相応しい。


さて、入院生活も長くなり、本当はもう死んでいて幽霊が書いているブログか?と思われてもなんですので近況を書きます。

クリックすると元のサイズで表示します
今日のスケジュールがホワイトボードに書かれています。

【本日の予定】
・ 検査後シャワー
10:15 下肢エコー検査
13:20 リハビリ
【安全度/安全対策】
棟内PUWフリー

PUWというのは歩行器です。

★横向きの方法★ というのは私に向けての注意書きです。

クリックすると元のサイズで表示します
左手;点滴の針の跡と内出血

クリックすると元のサイズで表示します
右手;同じく

これらはiPadで撮っています。

コンデジで撮ったものもありますが、コンデジの方が100倍綺麗に撮れます。
というよりも
iPhone、iPadでは撮影不能です。 実際見た目は廃車体の悲惨な有様なのですが、コンデジなら調整次第(単にマイナス0.7絞り)でちゃんと写りますが、どうやって工夫しても変色した肌の色はスマホでは写りません。 記念撮影なら少々ワイド方向で劣ってもスマホが強いですが、物体を質感や色合いで表現する能力はほぼ皆無ですね。



遅れましたが今日は〔日南3号〕の日です。 1211レ






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ