2019/12/9

日本のキャッシュレス  政治・経済

日本のキャッシュレスはなかなか普及しません。

理由は手数料があまりにも高いせいです。

どんな商売をやったとしても“経常利益”で売上の1%を稼ぐのは立派な事です。
逆に2〜3%も稼げる商売だったとしたら直ぐに競争相手に出し抜かれて市場から去るのがオチでしょう。

日本のキャッシュレスの手数料は売上に対して良くて2%台です。
(勿論、規模や業種によって激しく上下がありますが)

余計なキャッシュフローが必要な上に、お金が戻るまでクレジット会社破綻リスクを負担するのは売り手側です。

とても奨励・優遇したり出来るものではありません。


最近のキャッシュレス優遇策などという馬鹿げたものは後代の我々日本人の笑い物「大恥」だと思います。


米国など1%台とか1%とか聞きます。
調べたわけではないので「ほんまかいな」という程度の自分に関係がないので興味もありませんが、その程度で小銭にまつわる手間など省けるならありがたい話だと思います。

いっそ手数料1.5%以上のクレジット手数料を法律で禁止して仕舞えばキャッシュレス社会が来るなあと思います。


今日なんとなく嫌なニュースが伝わってきました。
中国がデジタル人民元を発行するというものです。

成功の可能性が高く、世界の秩序が変わる可能性があると感じます。
逆に中国がひっくり返る可能性もありますが。

中国は先行する欧米諸国や日本、台湾や韓国をよく観察・研究・改良しながら上手な経済成長をしてきているなと感じます。 驚くべき叡智というか、悪魔的な凄さを感じます。
面倒な民主主義的な手続き、コンセンサスを得ながらといったような悠長を許さない怖さを感じます。
正直言って日本や米国などの民主主義陣営がどういった苦難に陥ろうとも中国には台頭を許さないような方向を堅持するべきだと感じます。

中国は早くからキャッシュレス決済が主流のようです。

近年そうなった原因を聞きました。

最大の紙幣が100元だからだそうです。

大雑把過ぎるかもしれませんがおよそ1500円です。

ちょっと大きめの買い物だった場合、キャッシュで決済など夢物語です。 そんな大袈裟な札束を持って買い物など危険ですらあります。
300枚数えてお勘定受取って、そのお札の半分が偽札だったらどうしましょう。

人民をそこまで押さえつけられる強硬な政府だからこそ恐るべき近道を取ってこられたわけです。


イモンが言うキャッシュレス手数料上限1.5%制限と中国のような10000円5000円札使用禁止、キャッシュ上限1000円札とどっちが人民にとって優しい考え方か考えてみて下さい。
手数料上限1.5%だったら技術的な突破を果たした数社が必ずしのぎを削って残ると思います。

ロシヤオソロシヤじゃなくて、中国はちゅんごく怖いです。 (お粗末!)

2019/12/8

12月8日  政治・経済

よく

「8月15日は“終戦記念日”というのはおかしい」

そして

「“敗戦記念日”にしないのはおかしい」

という言葉を聞きます。

私はやっぱり“終戦記念日”だと思います。

夜電気を点けられるようになった、無理やり死にに行かなくてよくなった日です。

(不謹慎ながら、我々鉄道ファンが鉄道で遊べるようになっていくスタートの日です)

「敗戦の日」と考える人、その人は主張する割には日米戦争について爪の先ほども興味が無い人です。

常識として知っていて良い話ですが、戦況が日本に有利だったのはせいぜい半年位で、その後三年以上日本は一方的にと言っていいほど負け続けるのです。

「8・15」の頃は“絶望的抗戦期”のかなり行き着いたころです。

では、何時からが日本が負けていたのか?

昭和19年6月19〜20日のマリアナ沖海戦の一方的な殺戮とマリアナ諸島の玉砕?

昭和19年のトラック島空襲の一方的な状況?

そんな話ではなくズバリ昭和16年12月8日真珠湾奇襲攻撃がまさに敗戦なのです。

「12-08」ハワイ時間では「12-07」

調べてくれる方がいれば直ぐにわかってくる事ですが、米軍はほぼ日本の暗号を解読が成っており、真珠湾から重要な空母は全て退避させていたわけです。 真珠湾配置の空母のうち“サラトガ”はサンディエゴで修理中、“エンタープライズ”はウェーキ島から帰投途上、真珠湾への入港を1日延ばして生還。“レキシントン”は米国海軍数百年の歴史上唯一回限り行なわれた日曜日の演習の為出港していたのです。(正式にはミッドウェイへの航空機輸送ですが、日曜日の休日を潰された水兵の証言・・・そして帰還した水兵が目にした惨状が手記として出ているのです)

12/7に日本が何かやることが解った事から太平洋地域の米軍基地には暗号で情報は送られ、真珠湾だけは普通郵便で郵送されたそうです。
米国世論のコントロールの為生贄とされた米国旧式戦艦群の乗組員があまりにも可哀想すぎます。

F6F(昭和13年から開発開始)とか、ビッグボーイ(対日戦のため昭和13年国家命令で開発開始・・・戦争に間に合う)とか機雷の開発に比べ、日本が全く準備が無かった事、大東亜共栄圏という言葉ですら開戦時に無かった事など哀れとしか形容できません。

戦前の日本が良かったのか悪かったのかはわかりませんが今の(主権がないのは残念ですが)日本は好きです。

まあ12/8(12/7)を何というかという話ですので興味のある方は調べていただく事としてイモンの主張は

「敗戦記念日は昭和16年12月8日だ」という事です。






2018/11/10

最近の報告  政治・経済

ちょろちょろ書きます。

クリックすると元のサイズで表示します
最近の情勢です。

ダイエットは努力していますが、ここ数日の宴会宴会と今夜(合運関連)と明日(HOJC関連)でまだまだ微妙な戦いが繰り返されます。

クリックすると元のサイズで表示します
本です。 もう一冊似たようなモノ買いましたがこちらは読み終わりました。

大して面白くはないですがちょっとだけ勉強になります。 悪くないです。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらの“北朝鮮は「悪」じゃない”は良かったです。 元陸自、その後航空自衛隊で情報を扱い、空将補で退官した人が書いたモノです。

・・・読む本の入替えがあったから一言でした。





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ