2019/6/24

ラグビー慶應義塾vs学習院 記念試合  ラグビー

慶應義塾大学蹴球部は、その創部120周年にあたり、その記念行事の一環として、歴史的経緯から学習院大学と田中銀之助氏の所縁を偲ぶ「記念試合」を行うこととなりました。

https://keiorugby.com/official-news/9729/

体格的にどうしても劣勢な事が多い両チームですが、対戦することはまずありません。 初めてなのかな?と思ったのですが、二十数年前位にあったという話も少し聞こえました。

学習院が対抗戦Aに上がれば対戦はありますが。

クリックすると元のサイズで表示します
このペナルティーキックの後学習院が先制します。

クリックすると元のサイズで表示します
意外にボリュームがある学習院第一列。

慶應の8番は学習院高等科出身の山口凱(やまぐちかい)ゲームキャプテンです。

慶應は昨年度の大学選手権覇者明治を対抗戦で破っている大学トップクラスの力がありますのでセンターラインに上級生を使いながら1年生主体のチームです。

クリックすると元のサイズで表示します
岩田は9番を付けていますがセンターのような動きで常に突破役で活躍していました。

クリックすると元のサイズで表示します
やや時計回りに回りますが、当初は学習院やや優勢。 大嶋君の顔が見えます。

クリックすると元のサイズで表示します
2本目のトライはFWの力で

クリックすると元のサイズで表示します
ラインナウトは慶應の方が優勢に感じました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ゴールライン近くのラインナウトから

クリックすると元のサイズで表示します
FWが3本目。

クリックすると元のサイズで表示します
スクラムでの良い仕掛け、

クリックすると元のサイズで表示します
前半はシーソーゲームです。

慶應義塾14−19学習院

クリックすると元のサイズで表示します
若手主体の慶應、力一杯のプレーです。

クリックすると元のサイズで表示します
昨年から力が付いてきている学習院
最近の練習試合
47−28 甲南大学
63−22 青山学院大学
59−5  千葉大学
と3連勝中、必勝の気合いを入れて後半に入ります。

クリックすると元のサイズで表示します
キックオフ

クリックすると元のサイズで表示します
後半最初の得点は慶應

慶應義塾21−19学習院

クリックすると元のサイズで表示します
走って取り返します。

慶應義塾21−26学習院

クリックすると元のサイズで表示します
ラインナウトも負けていません。

クリックすると元のサイズで表示します
しかし、FWに押し込まれて

慶應義塾28−26学習院

クリックすると元のサイズで表示します
キックオフ

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
慶應義塾35−26学習院

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
一矢報いた

クリックすると元のサイズで表示します
慶應義塾35−33学習院

クリックすると元のサイズで表示します
少しFWに疲れが見える学習院

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
反対側ウィングが走り込んで痛い失点とゴール成功。

慶應義塾42−33学習院

クリックすると元のサイズで表示します
キックオフ、正面の慶應選手はいつも山口凱。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
見えない位置にトライ! ↓此処に写真がありそうです

http://www.gakushuin-rugby.com/photo/detail.php?id=629&u=1561305860

クリックすると元のサイズで表示します
この後キック失敗で

慶應義塾42−38学習院 ノーサイドでした。

クリックすると元のサイズで表示します
学習院に勝っておいて欲しかった! 

一回で終わらない為に!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
慶應の先頭は学習院高等科出身の山口凱ゲームキャプテン。 ボールを持って突き刺さるシーンが多く見られましたが、やはりミラーレス一眼だと捉えるのは難しかったです。 イモンの敗戦です!

カメラの取り回しの差が歴然でした。 

クリックすると元のサイズで表示します
言い訳をすれば日吉Gは初めてなので大きなカメラを持って行く気にならなかったのです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ママに写真を見せたら山口君が別人になっていると言われました。

クリックすると元のサイズで表示します
練習試合として非常に充実した内容で、攻守両面からみてシーズン前に年2〜3回ぶつかっておいた方が良いのではないか?いう感じを受けました。





2018/12/7

慶應、敗れたり  ラグビー

密連の発売、どうやら思いも寄らなかった事態が発生して1ヶ月は遅れそうです。

思いも寄らなかった事態とは、成型屋さんがあまりに仕事が多くて順番待ちが半端ない!という事だそうです。
景気異常過熱も行き過ぎた感じです。

クリックすると元のサイズで表示します
これはIMONグループ内のある会社の売上です。

表の一番下が「ゼロ」です。
上げ底で変化を強調したものではないということです。
ここ数年間で「もうすぐ倍」と言うほどの強烈な拡大の最中にあるということの一端です。

モノが仕事量の多すぎで作れないという事態には困りました。

クリックすると元のサイズで表示します
さて、少し衝撃を受けた景観があります。

ラグビー慶早戦、キックオフする慶應のSO古田(医学部!)ダッシュは左センター栗原です。

クリックすると元のサイズで表示します
早稲田チアが「W」「A」「S」「E」「D」「A」を示します。

「W」の裏は「A」、「A」の裏は「D」に違いありません。

クリックすると元のサイズで表示します
慶應チアが「O」「I」「E」「K」を示します。

「O」の裏は「O」、「I」の裏は「I」でしょう。 「E」の裏は「ヨ」ではないでしょう。

コレを見た瞬間、負けたと思いました。

クリックすると元のサイズで表示します
右ロック辻の突進。 松岡修造の甥っ子さんらしいです。

https://keiorugby.com/team/1048/

クリックすると元のサイズで表示します
もう一人、決定力の柱フルバックの丹治です。

帝京戦でけがをして明治戦欠場しましたが今日は23番。

本来の切れはありませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します
慶應14−21早稲田の終盤、早稲田ゴールラインまであと1メートル50センチでの攻防が続きます。

クリックすると元のサイズで表示します
残念、やはり負けました。

勝てば優勝、負ければ4位というこの戦い・・・力はこちらがやや上と思っていましたがハーフタイムに負けを確信してしまいました。

大学選手権でのリベンジを願います。





2018/11/27

小さく書きます  ラグビー

一言だけでも書くと書ける環境が出現する過去の経緯を重んじて小さく書きます。

クリックすると元のサイズで表示します
秩父宮ラグビー場、ラグビー慶早戦を見に行きました。 すると偶然高校時代の体育の先生に遭遇しました。

クリックすると元のサイズで表示します
倉橋先生です。

慶応高校ラグビー部の部長先生と意識していましたが、愛媛県新田高校出身
日本体育大学ラグビー部のキャプテンだったと情報にあります。

慶応高校では生徒の話題は、どの体育教師が権力あるか?という事が多く出ます。
(昭和47年〜50年)の時代は倉橋先生は権力無く、マラソンが多かった(グラウンドが使わせてもらえない)ですが、3年後輩は「強かった」と言います。

歳が僅か3つ違いでこんな差が出るのに驚きました。

慶早戦は14−21で負けました。 苦手意識払拭ならず!




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ