夕焼け駅長の「妄言」

社会から「無能」の烙印を押された私「夕焼け駅長」が、無責任に「政治」「文化」「芸能」など、社会一般の出来事に好き勝手書き殴る日記です。真剣に相手しないで下さい。出来れば、世の中にはこんな悲しいヤツがおるんや、って感じで接して下さい。なお、コメント等は一切受け付けおりません。所詮、書きなぐりですから。

 

被災地の観光再建が叫ばれますが・・それは、招かざる客が来ます。

 4月25日の東北新幹線の東京・仙台間運転再開。
 4月29日には仙台・一ノ関間の運転再開も予定され、ついに東北新幹線が全線で運転を再開する。一時区間で徐行運転が行われるが、東北の大動脈の復旧は心強い。

 しかし、沿線は被災地が多い。
 東北新幹線の復旧には少々懸念がある。

 それは「被災地の観光地化」である。

 残念ながら、1995年の阪神・淡路大震災の時にもあった事実である。

 週末になると、カメラを持って被災地に現れ、倒壊した建物や住宅で記念撮影をして帰る。酷いゴミどもでは、タバコのポイ捨てや車でゴミを持ち込んで不法投棄するどうしようもないバカゴミもいた。

 今回の地震では津波による被害が甚大である。例えば、仙台市の場合、市の中心部や山間部ではそう大きな被害はないようであるが、沿岸部(宮城野区の一部)では、津波による甚大な被害が発生している。(荒浜地区は、報道のとおり集落が消滅する被害が発生している。)関係者の努力により道路などのがれき除去が進み、被災地へのアクセスが可能になっている。この様な地域こそ、興味本位のバカどもが流入しやすい。

 そこで、こんな提案をしたい。
「部外者の立ち入り禁止区域の設定」である。

 行政機関が中心となり、被災地域にバカどもが流入しないような工夫をお願いしたい。被災された方の多くは、家族・財産を失い、将来に見通しが立たない方が多い。そんな方が、心無いバカどもに遭遇すると、さらに心理的な負担が増大する。今、被災地で耐えている方の気持ちを守る活動を期待したい。

0
投稿者:夕焼け駅長
この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

掲示板

掲示板の設定が行われていません
AutoPage最新お知らせ