夕焼け駅長の「妄言」

社会から「無能」の烙印を押された私「夕焼け駅長」が、無責任に「政治」「文化」「芸能」など、社会一般の出来事に好き勝手書き殴る日記です。真剣に相手しないで下さい。出来れば、世の中にはこんな悲しいヤツがおるんや、って感じで接して下さい。なお、コメント等は一切受け付けおりません。所詮、書きなぐりですから。

 

領土問題は深刻な問題である。それを解決しないと真の友好はない

 某俳優が「フジテレビは韓流ドラマやK−POPが多い」と批判したことへの世間の反応。同時に竹島を巡り、いろいろと問題が発生している。

 ここでは、竹島問題は現在勉強中であり、私自身「日本固有の領土」と断言出来ないため、現時点での竹島問題へのコメントは控えるが、現在の日本と韓国の心情的な摩擦を考えたい。

 正直な感想はこうである。

「領土問題を抱えた国同士の真の友好はない。」

 つまり現在の日本のおいては、「中国・韓国・北朝鮮・ロシア」とは真の友好などない、ということである。

 領土とは非常に重要な問題である。

 その領土のため、人間は過去に大きな戦争を引き起こした。大きな犠牲を払ってでも行った戦争。それだけ複雑で奥の深い問題である。

 もう、戦争という手段で領土問題を解決すべきではない。

 当然、外交での解決を望むところであるが、日本・韓国両政府とも「領土問題は存在しない」の姿勢でこの問題から逃げているのが現実である。
 竹島問題の場合、両国の歴史認識が重要な解決手段である。
 常にしこりが残る「日韓の歴史認識」。
 竹島問題は、その歴史認識のブラックボックスかも知れない。しかし、今後もこの問題から避け続けても良いのだろうか?
 この問題をこのまま放置すると、
「お互いにしこりが残り、それがお互い自己に都合の良い事実の誇張に繋がり、より過激なお互いの非難になる」
と、断言出来る。

 日本政府にとって、外交問題を増やすことは得策ではないであろうが、ある意味韓国はまだ正常に交渉出来る可能性のある国である。

 「竹島問題」を解決する能力が「日本の外交」にある。

 この事実が出来れば、こう着状態の「北方領土」や「尖閣諸島」問題の解決に大きく寄与するのではないか?

 外務省の役人に根性があるなら、是非やって欲しい、が、無理か!!安定だけがとりえの公務員では!!


0
投稿者:夕焼け駅長
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

掲示板

掲示板の設定が行われていません
AutoPage最新お知らせ