夕焼け駅長の「妄言」

社会から「無能」の烙印を押された私「夕焼け駅長」が、無責任に「政治」「文化」「芸能」など、社会一般の出来事に好き勝手書き殴る日記です。真剣に相手しないで下さい。出来れば、世の中にはこんな悲しいヤツがおるんや、って感じで接して下さい。なお、コメント等は一切受け付けおりません。所詮、書きなぐりですから。

 

東日本大震災から2年、3年目は復興が進むのか?

 2011年3月11日に発生した東日本大震災から2年が経過しました。

 テレビ画面に流れた津波に映像。
 誰も想像しなかった原発事故。

 あれから2年。果たして復興は進んだのか?

 残念ながら、政治の混迷の影響が大きく、何も進んでいないのが現状であろう。そして、今後も「おぼっちゃま安倍くん」が総理である以上、何も期待が出来ない。

 何よりも、あの震災(津波)を乗り越え、生き残った方々が、落胆する様な事だけはあってはならない。

「あの時(地震・津波襲来路)に死んでいたら良かったかも。」

 被災された方に、そう思わせることだけは避けなけれはならない。
 3年目こそ、生きた復興策を期待したい。
 
0
投稿者:夕焼け駅長

復興増税、その前に議論すべきことがあるでしょう!!

 政府民主党は、東日本大震災の復興財源確保のため、増税を決めた。

 復興には、財源が必要である。それには理解が出来るが、本当に増税が必要なのであろうか??
 正直、歳出の抜本的な改革を実行出来なかった民主党の手法には大きな疑問がある。

 所詮「事業仕分け」など、政治ショーの手法には長けていたが、実行力のある政治手法を持ち合わせていない民主党。増税を求めるなら、その前に徹底的な歳出の削減が必要である。
 事業を仕分けることが出来ないなら、国会議員・地方議員と公務員(国・地方)の歳費・給与を大幅に削減すべきだ。

 国会議員の歳費は、年400万円。大臣報酬はすべてなし・

 公務員の給与は、その勤務地域の「最低賃金」にする。

 最低賃金は、その地域の最低賃金を決めたもの。実際はそうではないが、その賃金が保証されれば、その地域で生活出来るはずである。(無論、厳しい生活になるが・・)実際には無責任に決まる最低賃金。それを公務員賃金に適用する。給与が大幅に減れば、金に細かい公務員も覚醒するかも??(期待なし)

 かつての独裁者、新米主義の小泉ドアホ純一郎の言葉。

 「改革には痛みが伴う」

 なんで、抜かしていた。

 なら、その言葉を借りてこう表現しよう。

 「増税には痛みを伴う。そのため、議員と公務員の給与を大幅に減らします!!」

 そう宣言し実行するなら、復興増税を支持する。
1
投稿者:夕焼け駅長

おフランスのドアホ番組を糾弾する!!

 少々過激なタイトルにしました。

 世界にはどこにも「ドアホ」がいるようです。

 今回はおフランスのドアホ。

 東日本大震災の復興状況や福島第一原子力発電所事故などを風刺的に表現。つまりギャグの対象にしたらしい。
 さらに、日本大使館の抗議に「表現の自由」で応戦。謝罪を拒否。

(参考記事↓)
 http://www.asahi.com/international/update/0430/TKY201104300301.html

 このドアホおフランス人に言っておこう。

「表現の自由」とは「何をやっても良いではない。」

 今回の震災は天災であり、多くの方が亡くなっている。今日現在でも1万人以上の方の安否がわからない状況である。その自然災害を風刺するとは、「人の命」を軽視する行為である。つまり人間では本来出来ない行為だ。
 きっとこんなテレビを作る連中は「白人至上主義的思想」を持ったどうしようもないドアホであろう。さっさと死ね!!

 フランスに良心があるなら、フランス政府が謝罪すべきだ。

0
投稿者:夕焼け駅長

解体やむなしではないか、「岩手県大槌町の建物に乗った観光船」

 先の東北地方太平洋沖地震の巨大津波により、釜石市所有の観光船「はまゆり」が民宿の建物に乗った状態で残った事態。
 一部の方からは「津波被害の象徴」として保存の声が上がったが、資金難より解体されることになった。

(参考記事↓)
 http://www.asahi.com/national/update/0430/TKY201104300087.html

 大きな犠牲を残した津波被害の象徴である。確かに、この災害を記録する意味で保存する意義はあるかも知れない。
 しかし、この大槌町も町長をはじめ多くの方が津波の犠牲になり、今日(2011年4月30日現在)でも多くの方がいまだに行方不明である。
 住民の方の感情としても、自治体の財政的負担からも解体やむなしではないか。

 写真や動画を残すことは出来る。
 何も現物を残す以外にも、この津波の被害を残す方法はある。

0
投稿者:夕焼け駅長

被災地の観光再建が叫ばれますが・・それは、招かざる客が来ます。

 4月25日の東北新幹線の東京・仙台間運転再開。
 4月29日には仙台・一ノ関間の運転再開も予定され、ついに東北新幹線が全線で運転を再開する。一時区間で徐行運転が行われるが、東北の大動脈の復旧は心強い。

 しかし、沿線は被災地が多い。
 東北新幹線の復旧には少々懸念がある。

 それは「被災地の観光地化」である。

 残念ながら、1995年の阪神・淡路大震災の時にもあった事実である。

 週末になると、カメラを持って被災地に現れ、倒壊した建物や住宅で記念撮影をして帰る。酷いゴミどもでは、タバコのポイ捨てや車でゴミを持ち込んで不法投棄するどうしようもないバカゴミもいた。

 今回の地震では津波による被害が甚大である。例えば、仙台市の場合、市の中心部や山間部ではそう大きな被害はないようであるが、沿岸部(宮城野区の一部)では、津波による甚大な被害が発生している。(荒浜地区は、報道のとおり集落が消滅する被害が発生している。)関係者の努力により道路などのがれき除去が進み、被災地へのアクセスが可能になっている。この様な地域こそ、興味本位のバカどもが流入しやすい。

 そこで、こんな提案をしたい。
「部外者の立ち入り禁止区域の設定」である。

 行政機関が中心となり、被災地域にバカどもが流入しないような工夫をお願いしたい。被災された方の多くは、家族・財産を失い、将来に見通しが立たない方が多い。そんな方が、心無いバカどもに遭遇すると、さらに心理的な負担が増大する。今、被災地で耐えている方の気持ちを守る活動を期待したい。

0
投稿者:夕焼け駅長
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/5 
 

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

掲示板

掲示板の設定が行われていません
AutoPage最新お知らせ