2020/1/3 | 投稿者: charimoni

2020年1月1日。

2020年、始まりました!
今年も宜しくお願いいたします!

今年の幕開けは、徳島県は、日和佐というところで迎えました。

佐藤海里ちゃんが755で年越しはの瞬間は、ジャンプするというので、ジャンプ。

今年も海里ちゃんとともに楽しいヲタ活していきたいと思います(笑)

地域のスーパーで買っておいたおせちをつまんだあとは、初詣。

薬王寺という厄よけのお寺さんへ。

厄年ではないけれど、昨年はややこしい案件ばかりで苦労したのでお願いしました。

宿に帰るなり、海里ちゃんも録画したっていうNHKの特番の再放送が。

ちょっと見てから仮眠。

仮眠の後、初日の出観賞。

ウミガメの産卵の地として知られる大浜海岸へ。

天気も良く、「だるま朝日」 を拝むことができました。
寒暖の差が大きいと見やすいこの時期。
美しい景色に感動です☆

さて、元日。
徳島県の旅路は続きます。
クリックすると元のサイズで表示します
1

2019/10/24 | 投稿者: charimoni


クリックすると元のサイズで表示します
1

2019/10/24 | 投稿者: charimoni


クリックすると元のサイズで表示します
1

2019/10/24 | 投稿者: charimoni


クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/10/24 | 投稿者: charimoni

2019年10月19日(土)

たっだいまぁ〜おっ海里!
乗り鉄紀行〜往路編〜

この日は酒田で鉄道イベントがあるというので行ってきました。

10月5日デビューということもあり、なかなかブログでもアップされていないので、細かく解説していこうと思います。

☆新潟駅
新潟で新幹線を降りて、乗換改札を出ると注目したいのが「発車標」
新潟駅でも新幹線乗換口の発車標だけは、海里号のイラスト入なんです。是非、ご注目を!

4番線ホームに入った海里号。

新潟駅の方々が横断幕で歓迎してくれました。お見送りをしてくれていました。(期間限定なのかな)
旅のスタートを歓迎してくれているようでテンションがあがります。

海里号 は全車指定席。
前日まで空席がないかなぁとにらめっこしていたら、運良く1席確保!
確保した席は、2号車のコンパートメント席でした。
コンパートメントは、海側を向いて配置されており
下り場面ではD席が窓側進行方向でした。
4人席ですが、グループでなくても利用できます!
てか、指定席券売機で「どの席でも良い」と選択したら出ましたw
券面に「2号車◯室」と出たらコンパートメントです。

ちなみに、この日は一人旅の方4人でした。
1号車と2号車は、えきねっとや指定席券売機でも検索できるみたいですね。
4号車は、旅行商品なので注意です。

車両は新しくなれど一期一会。
昔の汽車旅を思い出させる懐かしい時間を共にできました!

発車して車内メロディーが流れます。海里オリジナルの車内チャイム。
乗車したら要チェックです!

☆新発田駅
きらきらうえつのときに引き続き地元の保育園?の方々がお見送りに参加してくれています。見れたらラッキー!と思ってホームを注目してみてください。
すごく和みます!

越後平野を走ると、白鳥の姿が見受けられました。
車掌さんのアナウンスでも伝えてくれるのでこちらも見れたらラッキー!

☆村上駅
ひなたんこと本間日陽 さんの聖地、村上。
ひなたん本人も「村上は鮭が有名!」と握手会で話してくれるくらい有名なんです。
近くには瀬波温泉もあるし、次は泊まりたいなぁ。

村上を出るといよいよ日本海と並走します。

☆桑川駅
私の推しメン、佐藤海里ちゃんの聖地でもある桑川駅では、きらきらうえつよりも長い時間停車します。

撮り鉄に海里ちゃんの聖地めぐり にと楽しめます。

何と言っても、佐藤海里ちゃんもおすすめしてくれた
「海里運行開始記念日本海ソフトクリーム」 は食べてほしいです!

桑川駅は、日本海を一望できる展望台もあるので、綺麗な景色も楽しめます。

桑川駅を出ると、
お楽しみの景観は、笹川流れ 。

夏は海水浴で賑わいます。
きらきらうえつ の撮り鉄で何度も何度も訪れましたが透き通ったエメラルドグリーンの海は何度見ても飽きない美しさでありました。

すっかり秋の海。
寂しささえ感じますか、それが旅情を誘います。

寒さの厳しい厳冬期にも乗ってみたいです。

そして、春には、「笹川流れマラソン大会というイベントも開かれるんです。

私は2018年の大会に出場しました。
みぞれの中走ったなぁ。

なんといっても目玉は!
コースがNGT48の「世界はどこまで青空なのか」のジャケットの撮影地を巡ることができること。

そのときは、NGTを盛り上げたいと思ってとある方のTシャツ着て走ったこともありましたが、よくよく考えたらまだ海里ちゃんも我々と同じヲタだった時代かな(笑)だから海里ちゃんには逮捕されない?

いや、余罪追求で逮捕されてみるか(汗)

当時、321Tシャツに声をかけてくださった方もいらっしゃいました。
やっぱ、新潟という地は出会いをくれる良い場所だなと実感。

自分は新潟県民ではないけれど、NGTが地元と一緒になってる姿を見ていてずっと応援していこう!ってこの頃から思っていたなぁ。

笹川流れを過ぎたあとには、ランチタイム♪

きらきらうえつ で海里ちゃんもおすすめしていたお弁当を。

劇場公演のMCで語ってたのを聞いて本気で好きになろうとしてくれている、鉄道に関心を持とうとしてくれているって思ったのも高校卒業の春でしたね。

桑川〜あつみ温泉 で色々な思い出を回想しまいました。

酒田までの3時間はあっという間でした。

海里号が
人と人を、
人と観光の魅力を
NGT48と新潟を

結びつける素晴らしい列車であり続けますように。

酒田イベント編へ続きます。
0




AutoPage最新お知らせ