2014/4/23  17:02

チューリップを求めて(4/20)  北陸本線

チューリップと列車を絡めて撮影することに味を占めてしまい、可能な限り撮影に繰り出すようになっています^o^;

4月20日は富山地鉄の越中中村駅付近のポイントに出撃…というよりも寄り道しました。
既に数名の同業者がおられる中、花と絡められる位置で構え列車を待ちました。しかし曇天T_T
クリックすると元のサイズで表示します
14722さまが来た(去った)と喜びましたが、青い413系が裏被り。まあ、許せる範囲かな。
クリックすると元のサイズで表示します
この日の主役は536M。
ケーブルがうるさいのと、どう頑張っても所詮曇り。どんどんやる気がなくなってきました。
しかし、少しずつですが天気は回復してきたのでもう少しいることにしました。

クリックすると元のサイズで表示します
久し振りに3連の「アルプスエキスプレス号」を撮影しました。やっぱり3連だと被写体としていいですね!気温が上がってきて、ローアングルで望遠での撮影なので、大気の揺らぎが酷いです。
クリックすると元のサイズで表示します
ほぼ同じ場所から振り向くと、順光で花をたくさん入れて切り取れます。
クリックすると元のサイズで表示します
来るのは青い413系ばかり…。

クリックすると元のサイズで表示します
ふと目に留まった用水に架かる“橋”。列車と絡めようとしましたが、またもや青い413系。
わざわざこんな撮り方をしたのには訳があります。初めはH鋼を渡しただけの橋かと思ったのですが、レールが使われていることに気付いたからです。このサイズの画像だと分かりにくいですかね?
クリックすると元のサイズで表示します
ゲージは測っていませんが、何となく狭軌(1067mm)。間隔が広いですが細い鉄枕木!?で固定されています。錆び具合と言い一部分だけ残った廃線跡のような雰囲気です。中央の鉄板は腐っており、渡る勇気はなかったです。こんなことではオブローダーにはなれませんね^o^;
よく見ると、ニャンコの足跡があります さすが

ちなみに、
クリックすると元のサイズで表示します
車輪で削られた跡はなく、古レールではなさそうです。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ