2016/12/11  21:45

11/25 約20年ぶりの因美線  他線区

城端を出発し北陸道を西進しますが、思うように進みません(流れは極めてスムーズです)。
ナビで目的地を設定した時点で分かっていたことですが、一応次に目的としていた列車には間に合いそうもありません。本来なら目的地に到着しておかないといけない時間になっても、未だ舞鶴道の途中。夜が明けても中国道に入ったばかり。完全に遅刻です。全ての寄り道(鉄予定)をキャンセルすることも頭をよぎりましたが、ま、行くだけ行ってみよう!ってことで、鳥取道に入りました。無料区間なだけあって、なかなか興味深い道路ですね。

予定…というか、構想では6時ごろに智頭に到着し、まだ暗いので653D〜654Dで智頭〜那岐を往復しキハ47の乗りを楽しみ、その後は撮影に転じるつもりでした。
遅れながらも智頭に到着しましたが・・・、ある程度描いていたその後の撮りパターンも崩壊しており、とりあえず行ってみたかった俯瞰撮影地を目指して狭い道を上っていきます。
こんな道、地元人しか通らないんでしょうね。数少ない対向車のドライバーからは、不審者でも見るような鋭い視線を浴びせられます。標高が増していくと、こともあろうか霧の中に入ってしまいました。やっとここまで来たのに・・・。俯瞰撮影は諦めて下山します。

下山すると、曇り予報だったのが、まさかの晴れ!山間の地域なので日の当たる区間が限られます。撮れそうな場所を探しますが土地勘もなく、田畑は鹿避けの柵に囲われていて線路が見える位置まで近付けなかったり、撮影場所を決められないまま時間が過ぎていきます。
クリックすると元のサイズで表示します
そうこうしているうちに踏切が鳴り、かろうじて撮ったキハ47。
背景の山が綺麗ですね^o^;

クリックすると元のサイズで表示します
場所を変え、川沿いで。
この頃になると山にかかっていた霧も晴れ、俯瞰撮影も出来そうな感じでしたが、光線状態も悪くなってくるし・・・、再びあの細い道を走るのも嫌だし、等と言い訳して平地に残ることにしました。
クリックすると元のサイズで表示します
「スーパーはくと号」は貫通型!!いや〜、久々に見ました
クリックすると元のサイズで表示します
このコンパートメントに乗りたいなぁ。
クリックすると元のサイズで表示します
北陸とは空気も空の色も違う・・・気がします。
クリックすると元のサイズで表示します
おっ、3輌編成!トミックスからも製品化されていますが、高性能気動車にも拘わらずこの安っぽいデザインで絶対損していますよね。
クリックすると元のサイズで表示します
動くのが面倒なので、同じ場所で後追い。
クリックすると元のサイズで表示します
「スーパーはくと号」は弱日になってしまいました。

撮れるかな?と思って足を運んだ場所。中流域にも拘らず、水がとても綺麗でした。
クリックすると元のサイズで表示します
前後の運転台に木がかかっていますが、良い雰囲気なので個人的には許容範囲内です。
クリックすると元のサイズで表示します
普通列車なら余裕をもって収まりますが、曇ったT_T

クリックすると元のサイズで表示します
少し離れていますが、ここにも来ました。
実はここ、
クリックすると元のサイズで表示します
1997.1.3 特急「はくと号」
以前も来たことがあります。
この時は那岐駅で急行「砂丘号」のタブレット交換を撮った後、列車移動&徒歩で来た覚えがあります。

いや〜、懐かしい!!
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ